KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
「指まで舐めちゃうおいしさ」の培養鶏肉は2021年に一般販売
Say Hello to Finger-Lickin’ Lab-Grown Chicken

「指まで舐めちゃうおいしさ」の培養鶏肉は2021年に一般販売

「指まで舐めちゃうおいしさ」の培養鶏肉は2021年までには一般販売されそうだ。肉牛や鶏を育てるときの二酸化炭素排出量を削減でき、頭部や骨、羽など、食用に適さない部位を培養しない分、投入するエネルギーが少なくて済む夢の食料源だが、今のところコストがかかりすぎる。 by Jamie Condliffe2017.03.16

フライドチキンを食べながら後ろめたい気持ちになる? だが、将来、フライドチキンを食べる時の罪悪感は部分的にはなくなるかもしれない。鶏肉を作るのに一羽の鳥も傷つけなくて済むようになるかもしれないのだ。

メンフィス・ミーツ(Memphis Meats)は、動物を殺さずに肉を生成しようと競い合う主要スタートアップの1社だ。メンフィス・ミーツが研究開発中の「クリーン・ミート(clean meat)」は、調理して食べるのに十分な大きさの塊に成長するまで、動物の細胞に栄養を与えて、研究室で培養して肉を作る。メンフィス・ミーツはすでに(他社も同様)牛肉を培養しており、昨年はミートボールを培養製造した。

だが今回メンフィス・ミーツが着目したのは鶏肉だ。メンフィス・ミーツの発表によれば、動物を殺さずに、研究室で培養した鶏肉と鴨肉の肉片を初めて生成したという。研究室で培養された代替肉で、鶏の唐揚げとダック・ア・ロランジュを作った。

メンフィス・ミーツのような企業が成長できれば、食用動物の飼育時に発生する温室効果ガス排出を削減し、しかも動物風味のタンパク質を食べたいという、地球に優しい肉好きの欲求を満たせる。また、肉食文化は動 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント