1. コネクティビティ
    グーグルは中国市場にいち早く参入し、突然、中国政府に打撃を与える形で撤退した。その後の中国の成長したインターネット市場を狙って、グーグルは中国市場への再参入を試みている。しかし、したたかな中国政府、いらだつ米国政府、人権侵害に沸騰する世論という3者を相手に自らの進退も決められなくなっている。 Matt Sheehan3カ月前
  2. ビジネス・インパクト
    MITTRが選ぶ、
    最低な破壊的テクノロジー
    5選【2018年版】
    MITテクノロジーレビューは、毎年、世間を騒がせた最低なテクノロジー利用法のリストを発表してきた。その内容は年々ひどくなっているようだ。2018年版のリストを発表する。 Antonio Regalado5カ月前