1. 生命の再定義
    遺伝子編集技術「クリスパー(CRISPR)」による治療が有望視されており、欧米では年内にも治験が開始される予定だ。科学者たちはクリスパー療法の効果や安全性を確認するためにサルを使用した実験を実施しているが、事例は少なく、懸念材料は残っている。 Emily Mullin16カ月前
  2. 生命の再定義
    遺伝子療法はどこまで進んだか? 2017年の5大ブレークスルー
    遺伝子療法にとって2017年は、2016年にも勝るブレークスルーの年となった。いくつかの遺伝子療法に対して初めて米国食品医薬品局の認可が下りたことに加えて、稀ながんやいくつかの遺伝性疾患において治癒や寛解の症例が報告された。 Emily Mullin2年前
  3. 生命の再定義
    質の悪い遺伝性疾患やがんを、たった一回の注射や注入で治癒できる可能性のある「クリスパー(CRISPR)」を使った遺伝子療法は、患者や医療関係者にとってまさに夢の実現だった。しかし、臨床試験に関して言えば、適用疾患は限られ、いったん発表した計画が延期される事例が相次いでいる。 Emily Mullin2年前
  4. 生命の再定義
    鎌状赤血球症は最も一般的な遺伝病のひとつで、世界中で数百万人が苦しんでいる。初期の実験結果によると、鎌状赤血球症が、CRISPRによって根本的に治癒される最初の疾患になる可能性がある。 Emily Mullin2年前