1. Angela Schoellig(University of Toronto)
    シェリグのアルゴリズムが自律自動車や自律飛行機の移動の安全性を高める一助になる。 Kyanna.Sutton2年前

  2. マイケル・サライバ(スイス連邦工科大学)
    前途有望なペロブスカイト型の太陽電池の実用化に貢献する研究者。 Kyanna.Sutton2年前

  3. ローレンツ・マイヤー(スイス連邦工科大学)
    ドローン向けの自律飛行型オートパイロットを開発した研究者。 Kyanna.Sutton2年前
  4. 生命の再定義
    脳内インプラントの無線制御で、下肢が麻痺したサルが歩けた
    脊髄損傷を電子機器で治療する第一歩。 Courtney Humphries3年前