医学生物学

Brain Control of Paralyzed Limb Lets Monkey Walk Again 脳内インプラントの無線制御で、下肢が麻痺したサルが歩けた

脊髄損傷を電子機器で治療する第一歩。 by Courtney Humphries2016.11.10

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)による研究で、サルの脳と後肢間の無線ブリッジにより、たどたどしい足取りではあるが、下肢が麻痺した2匹のサルが、脳インプラントの制御で、トレッドミル(踏み車)に沿って前進できるようになった。麻痺を電子治療で治す第一歩だ。

11月9日、ネイチャー誌で発表された研究によれば、動物の歩く意志を感知する脳内インプラントと、歩くための筋肉を刺激する脊髄下部につながれた電極、このふたつの無線接続という、3つのテクノロジーを融合した成果だ。

「これらふたつをつなげると証明したのは素晴らしいことです」とファインスタイン医学研究所(ニューヨーク)のバイオエレクトロニック医学センターのチャド・ボートン所長はいう。ボートン所長は最近、人間の志願者と協力し、電極を仕込んだスリーブにより、脳の信号で麻痺した手の制御を研究中だ。また、患者が脳でロボットを制御できることを証明する等の研究もしている

新しい研究では、動物の歩行能力を回復するために無線脳制御を確立した初めてのケースだろ …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。