KADOKAWA Technology Review
×
ひと月あたり「1000円」お得な夏の購読キャンペーン実施中!
AI for Everybody

みんなのための人工知能

これまで人工知能(AI)は主にアマゾンやバイドゥ、グーグル、マイクロソフトなどの巨大テック企業や、一部のスタートアップのものだった。そのほかの多くの企業にとってAIシステムは高すぎるし、完全な実装が難しいのだ。 ではどう … 実現時期: by MIT Technology Review Editors2018.03.05

MIGUEL PORLAN

これまで人工知能(AI)は主にアマゾンやバイドゥ、グーグル、マイクロソフトなどの巨大テック企業や、一部のスタートアップのものだった。そのほかの多くの企業にとってAIシステムは高すぎるし、完全な実装が難しいのだ。

ではどうしたらいいのだろうか? クラウドベースの機械学習ツールを使えば、非常に広範なユーザーがAIを使えるようになる。クラウドAI市場はこれまでは、アマゾンの子会社アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)が独占してきた。グーグルは、他の機械学習ソフトウェアを構築できるオープンソースのAIライブラリであるテンソルフロー(TensorFlow)で対抗している。最近グーグルは、事前訓練済みのシステムであるクラウドオートML(Cloud AutoML)を発表した。これでAIを簡単に使えるようになるという。

みんなのための人工知能

ブレークスルー
クラウドベースのAIは、安価で導入しやすい。
なぜ重要か
現在、AIを導入しているのは比較的一部の企業に限られているが、クラウドベースのサービスによって、広く使われるようになり、経済の活性化が見込める。
キー・プレーヤー
アマゾン、グーグル、マイクロソフト
実現時期
実現済み

クラウド・プラットフォームであるアジュール(Azure)を持つマイクロソフトは、アマゾンと協力してオープンソースの深層学習ライブラリであるグルーオン(Gluon)を提供している。グルーオンは、スマホアプリを構築するのと同じくらい簡単に、AIの重要なテクノロジーであるニューラル・ネットを作れるという。ニューラル・ネットは、人間の脳の学習方法を模倣したAIの基幹技術だ。

このうちのどの企業がクラウドAIサービスで主導権を握るのかは定かではない。だが、勝者にとっては大きなビジネスチャンスだ。

これらの製品は、AI革命がさまざまな分野に広がるために必要不可欠なものだ。現在、AIは主にテック業界で効率化、および新製品や新サービスを生み出すために活用されているが、多くの企業や産業界はAIの進歩を生かそうと奮闘してきた。AIを完璧に組み込むことができれば、医学界や製造業、エネルギーといった産業界は一変し、経済的な生産性は飛躍的に向上するだろう。

だが、ほとんどの企業でAIの活用法を理解する人材がまだ不足しており、アマゾンやグーグルはコンサルティング・サービスを立ち上げている。クラウドによってAIが誰の手にも届くようになれば、本当のAI革命が始まるだろう。

(ジャッキー・スノウ)

人気の記事ランキング
  1. Can Japan’s Green Hydrogen lead the global trend? 技術で先行する日本の「グリーン水素」は世界の潮流に乗れるか
  2. Cheaper solar PV is key to addressing climate change 太陽光発電、コスト激減でクリーンエネの主役に まだ安くなる?
  3. The fracking boom is over. Where did all the jobs go? 消えた幻想「シェールガス革命」とは何だったのか?
  4. What are the ingredients of Pfizer’s covid-19 vaccine? ファイザーの新型コロナワクチンの成分は?専門家が解説
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る