KADOKAWA Technology Review
×
来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付開始。

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

3Dプリントなら「家」はたった1日、1万ドルで作れる
ICON
A $4,000 3-D-printed home still has some big barriers to overcome

3Dプリントなら「家」はたった1日、1万ドルで作れる

スタートアップ企業であるアイコン(Icon)は、 3Dプリンターを使用して12時間から24時間で、約60平方メートルの家を建てることができるという。

同社の技術を使って建設された最初の家が、テキサス州オースティンで開催中のサウスバイサウスウェスト(SXSW)で披露された。アイコンの創業者の1人であるジェイソン・バラードが、住み心地を実際に試してみることになっている。

現時点で、バルカン(Vulcan) 製のプロトタイプ3Dプリンターを使用して家を建てるのにかかる費用は1万ドルだ。 同社はこれをわずか4000ドルにまで引き下げるつもりだとしている。

ここ数年、3Dプリンターで家を建てようとする試みがなされている。MITテクノロジーレビューは2012年に、1つの実験の記事を掲載した。 しかしエンジニアたちは、機器の故障や壁の乾燥時間に関する問題といった障害に何度も直面している。克服されはじめた問題もあるが、まだ多くが残っている。

バージ(The Verge)によると、アイコンは2019年にエルサルバドルに100軒の家を建設する計画だという。もし決められた期限と予算内で計画を実現できたら、3Dプリンターの家がもはや単なる実験ではないことを示すことになる。だが、実現は難しいだろう。

エリン・ウィニック [Erin Winick] 2018.03.13, 14:25
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る