KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

アマゾンが米国で自社配送開始、宅配便市場参入へ Amazon is taking package delivery into its own hands

アマゾンが米国で自社配送開始、宅配便市場参入へ

アマゾンが配送事業でフェデックス(FedEx)とUPSに挑戦する模様と報じられている。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙によれば、アマゾンはここ数週間のうちにロサンゼルスで配送サービスを本格展開するという。「シッピング・ウィズ・アマゾン(Shipping With Amazon)」と呼ばれるこのサービスでは、当初、アマゾンのサイトで商品を販売する出品業者の商品を注文者に配送する。報道によると、後により幅広く展開し、出品業者以外の配送も取り扱うようになるとのことだ。

実のところ、アマゾンが自社配送に乗り出すのは時間の問題だった。昨年、 アマゾンが行なった試みは、実質的にこのサービスのトライアルだった。この試みの目標は、より多くの商品を2日以内に顧客に届けることだった。

自社配送の開始によって、アマゾンはこれまで配送を委託していたフェデックスやUPSの直接的な競合相手になる。ウォール・ストリート・ジャーナル紙の報道によると、アマゾンは競合よりも低い送料を設定するというから、フェデックスやUPSは苦境に立たされるかもしれない。

エリン・ウィニック [Erin Winick] 2018.02.12, 7:55
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る