KADOKAWA Technology Review
×
年間購読料20%オフ & マガジン1冊プレゼントキャンペーン 実施中!

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

アップルがSiriを強化、ユーザー独自の音声コマンドを作成可能に
Apple
Apple wants to be an AI leader again

アップルがSiriを強化、ユーザー独自の音声コマンドを作成可能に

6月4日の世界開発者会議(WWDC)でアップルは、 iOS 12の発表とともに、2018年に向けたSiriの新機能についても言及した。

年に1度のWWDCの初日、アップルは、AIで動くデジタル・アシスタントSiriに「ショートカット」と呼ばれる新機能を搭載し、iOS 12においてSiriをより強固なものとする計画を発表した。ユーザーは音声コマンド群を作ることで、コーヒーの注文から紛失した鍵の捜索まで、日々のタスクでSiriを効率的に使えるようになるという。

2011年のSiriの発表は、音声で起動するスマート・アシスタントがブレークした瞬間だった。しかし、「グーグル・アシスタント」やアマゾンの「アレクサ(Alexa)」などの競合は以降、アップルのテクノロジーを追い越さないまでも、追いついてはいる。アップルがグーグルのAI開発主任を引き抜いたという4月のニュースから、アップルがリーダーの座を取り戻すための賭けに出ていることが確認される。

大規模テック企業らが、AI搭載の製品で優位に立とうと、熾烈な争いを繰り広げている。何社かのアップルのライバル企業が急ピッチで大々的に市場に参入してきている中、アップルがのうのうとSiriを放置しておくはずがない。

dante.graves [Dante Graves] 2018.06.06, 11:47
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
年間購読料 20%OFF
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る