KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

アップルがiOS 12を発表、AR市場の主導権獲得に照準 Apple’s software improvements could make AR as universal as iOS

アップルがiOS 12を発表、AR市場の主導権獲得に照準

アップルは明らかに、次期モバイル用OSを拡張現実(AR)の主流にしようとしている。

6月4日、アップルは開発者向けイベント「WWDC 2018」でiOS 12を発表した。もっとも話題になりそうな機能は、アイフォーン(iPhone)とアイパッド(iPad)で新しいAR体験ができるものだ。

「メジャー(Measure)」というARアプリを使うと、ユーザーは現実世界にある物体のサイズを測れる。アップルのソフトウェア・エンジニアリング担当上級副社長クレイグ・フェデリギは、ステージ上でこのアプリを使ってスーツケースの大きさを測ってみせた。

新しいAR開発キットには、ARゲーム向けのマルチプレイヤー・モード、改良型の顔追跡技術、3Dでの物体検出が導入されている。レゴの実演では、現実にレゴ・ブロックで作った構造をスキャンし、この新ツールを使ってデジタル・イメージを重ねる様子が紹介された。また、アップルとピクサー(Pixar)とは共同で新しいARファイル形式「USDZ」を開発してきたことも発表した。iOSのエコシステム全体でARファイルの共有が今までよりずっと簡単になる。

ポケモンGOの例を見れば分かるように、ARが消費者市場において可能性を秘めていることは間違いない。アップルは、自社の新しいARツールがこの流れをさらに加速させると見込んでいる。

マイク オルカット [Mike Orcutt] 2018.06.05, 11:28
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る