KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

5Gで中国が世界をリード、すでに35万基地局を設置
Bernard Hermant | Unsplash
China aims to dominate 5G mobile technology—and it’s off to a strong start

5Gで中国が世界をリード、すでに35万基地局を設置

デロイト・トウシュ・トーマツ(DTT)の新たな調査によると、中国は次世代の携帯電話網を支えるインフラに対し、米国と比べ何百億ドルも多く支出しているという。

5Gは現在の4Gネットワークの後継であり、2018年後半に一部の国の限られた地域で展開される予定だ。4Gと5Gは使用する周波数帯域が異なるため、5Gの利用により、自律型移動手段からVRヘッドセット、スマートフォンにいたるあらゆるものの通信容量の増加や高速化、反応時間の短縮が期待されている。

5Gを先行で展開する国々は、広範なテクノロジー製品とサービスを先んじて創出・販売することになるだろう。トランプ政権が5G開発を国家的優先課題とみなす大きな理由の1つがこれだ。現在、中国は35万カ所の5G基地局があり、首位に立っている。一方、米国の5G基地局は3万カ所未満だ。

しかし、5Gを一般市民向けに広く展開している国はまだない。DTTによると5G機器の要件を簡略化し、携帯電話通信業者の協働を促進すれば、 米国は遅れを取り戻せる可能性があるという。

エリザベス ウォイキ [Elizabeth Woyke] 2018.08.08, 9:27
宇宙ビジネスの時代

かつて国家主導だった宇宙開発がいま、大きく変化している。テクノロジーの進化とリスクマネーの流入によって民間企業による宇宙開発が加速し、自社の事業拡大に宇宙を活用しようとする「非宇宙」企業やベンチャー企業の動きも活発だ。いまなぜ「宇宙」なのか? そのヒントとなる記事を集めた。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る