KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

DARPA、空中で射出・回収できるドローン編隊を試験中
Dynetics
DARPA is testing drones it can launch from a plane—then collect mid-air

DARPA、空中で射出・回収できるドローン編隊を試験中

米国防高等研究計画局(DARPA)は、新しいタイプのドローンの最初のテストを実施した。飛行機から射出されると編隊を組み、任務が終わったら空中で回収できるドローンだ。

ドローンは、軍用輸送機または爆撃機から矢継ぎ早に放出され、指定されたタスク(たとえば監視など)を遂行した後、ケーブルにドッキングして巻き上げられて飛行機に戻る。そのプロセスは空中給油に少し似ている。

飛行試験自体は昨年11月にユタ州で実施されたが、先週、初めて結果が報告された。テストでは、軍用輸送機が X-61A「グレムリン(Gremlin)」ドローンを正常に射出し、監視できることが示された。しかし、空中射出に成功して1時間41分飛行した後、ドローンは落下してしまった。ドローンの開発会社であるダイネティクス(Dynetics)によると、「機械的な問題」によりパラシュートの展開が妨げられたためだという。試験の映像はこちらで見ることができる(BGMが含まれているのでご注意を)。この春、DARPAは初めて4機のドローンの飛行と回収を試みる予定だ。

このシステムは、空軍基地からドローンを発射する場合よりも広い範囲の飛行を可能にし、再利用可能なためコストを削減できる。DARPAは数年にわたってこのコンセプトの実現に取り組んでおり、同様のシステムとして2017年には大群のマイクロ無人航空機(UAV)でテストを実施している。

シャーロット・ジー [Charlotte Jee] 2020.02.03, 13:55
宇宙ビジネスの時代

かつて国家主導だった宇宙開発がいま、大きく変化している。テクノロジーの進化とリスクマネーの流入によって民間企業による宇宙開発が加速し、自社の事業拡大に宇宙を活用しようとする「非宇宙」企業やベンチャー企業の動きも活発だ。いまなぜ「宇宙」なのか? そのヒントとなる記事を集めた。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る