KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

宅配ドローンは環境にやさしい? トラックと比較した結果 Delivery drones could reduce emissions—if they’re used properly

宅配ドローンは環境にやさしい? トラックと比較した結果

ドローンによる貨物輸送の方法を規制すると、地球温暖化を抑えるのに役立つ可能性がある。

ネイチャー・コミュニケーションズに掲載された米ローレンス・リバモア国立研究所の研究によると、地域の倉庫から約450gの荷物を運ぶ小型クアッドコプター・ドローン(ローターが4つのドローン)の二酸化炭素排出量は、同じ荷物を運ぶ中型トラックよりも少ないことが分かった。

約7.2kgを運ぶ大型オクトコプター・ドローン(ローターが8つ)の場合は、それほど明確ではない。こうしたドローンを動かすのに使う電力が化石燃料から作られる場合、ドローンはトラックよりも二酸化炭素を50%多く排出するが、再生可能エネルギーを利用した場合は9%少なくなる。

この研究が重要なのは「テクノロジーが配備される前に、その影響を考慮する」というめったにないチャンスだからだ、と研究を主導するジョシュア・ストラロフ博士はIEEEスペクトラム(IEEE Spectrum)で述べている。つまり、二酸化炭素の排出量を減らすために、配達ドローンの使用が制限されるかもしれないということだ。

ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe] 2018.02.15, 14:42
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
いまだけ【500円引き】クーポン配布中
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る