KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

フェイスブック、米中間選挙へ向けたハッキング防止策の中身
David Ramos | Stringer | Getty images
Facebook beefs up its defense against election interference

フェイスブック、米中間選挙へ向けたハッキング防止策の中身

フェイスブックは米国の選挙に干渉しようとする「悪人」への防御を強化している——。マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)がフェイスブックにこんな3260語の投稿をした

ザッカーバーグCEOによると、フェイスブックは「毎日数百万件の偽アカウント」をブロックする機械学習システムを構築し、昨年10月から今年の3月にかけて10億件の偽アカウントを凍結したという。また、安全性とセキュリティ対策に取り組む人員を去年の1万人から、今年は2万人以上に倍増させたとのことだ。

具体的な事例として、フェイスブックは、ブラジルやミャンマーにおける偽情報拡散キャンペーンを排除しながら、イランやロシアといった国家主導の工作を阻止したと述べている。また、ザッカーバーグCEOは、詳細については触れていないものの、フェイスブックが11月の米国中間選挙に先立ち「組織的な連係動作」を検知したと述べている。

だが、「悪人」や「敵」といった言葉が実際に何を指しているのか、ザッカーバーグCEOはまったく説明せずに使っている。フェイスブックのこれらのハッキング防止策は、現在の体制に対する政府の批判を招く危険がある。

シャーロット・ジー [Charlotte Jee] 2018.09.18, 17:56
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る