KADOKAWA Technology Review
×
【10月31日まで】日本初開催 「Innovators Under 35」候補者募集中

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

グーグル・アシスタント、27言語のリアルタイム通訳が可能に
Ms. Tech
Google Assistant now comes with a real-time translator for 27 languages

グーグル・アシスタント、27言語のリアルタイム通訳が可能に

グーグルは「通訳モード(Interpreter Mode)」というグーグル・アシスタントの新機能を発表した。会話をリアルタイムで通訳する機能だ。

対応している27言語であればソフトウェアが自動認識するため、どの言語で話しているかを設定する必要はない。ただ、いくつか欠点がある。ザ・バージ(The Verge)によると、2人以上が話している場合は対応できない。また通訳処理をしている間、会話に不自然な「間」が生じてしまう。新機能は当面、グーグル・ホーム・ハブやサード・パーティ製のスマート・ディスプレイでのみで利用可能だ。

グーグルのリアルタイム通訳は初の試みではない。2017年11月には同様の機能をイヤホンに取り入れた。また、すでにグーグル翻訳でも同様のサービスを提供している。グーグルのバーチャル・アシスタントは昨年、ユーザーの代わりに予約をしたり、迷惑電話を排除したりするなど、多くの新しい機能を取り入れている。

シャーロット・ジー [Charlotte Jee] 2019.01.10, 11:07
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る