KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

環境NPOがテンソルフロー活用、違法伐採や密猟をAIで監視 Google lends its machine-learning tool to fight deforestation

環境NPOがテンソルフロー活用、違法伐採や密猟をAIで監視

グーグルの機械学習ツールが、違法な森林伐採を検知し、違法行為と戦うために使われている。

サンフランシスコの非営利団体であるレインフォレスト・コネクション(Rainforest Connection)は、改造した携帯電話と太陽光パネルを使って、安価で精密な音響監視システムを開発した。森中の木々に隠された「ガーディアン(Guardian)」と呼ばれるデバイス上のアプリを使って、違法伐採や動物の密猟の証拠となる気配がないかどうか常に聞き耳を立てている。

レインフォレスト・コネクションは3月21日、ガーディアンの携帯電話からクラウドにアップロードされた聴覚データの分析に、グーグルの「テンソルフロー(TensorFlow)」を使うことを発表した。テンソルフローは機械学習ソフトウェアの開発を支援するためのツールで、誰でも無料で使用できる(「グーグルの未来はテンソルフローにある」を参照)。レインフォレスト・コネクションは、テンソルフローを使うことで、アップロードされた聴覚データの中から懸念される音、たとえばチェーンソーや車両の音、銃声などをより正確に検知できるようになるとしている。

森林伐採は生物の多様性を減少させ、土地の侵食を加速して、砂漠化を進める。米国航空宇宙局(NASA)の以前の研究によると、切り倒された木はまた、二酸化炭素を再び大気中に解放し、その量は気候変動の原因となる地球規模での排出量の約10%を占めるという。国際連合と国際刑事警察機構は、熱帯諸国で切り出される木材全体の50%から90%は違法に伐採されたものであると2012年に報告している。

「森林伐採との戦いでは、改善のたびにまた1本の木が救われます」とレインフォレスト・コネクションはブログ記事で述べている。

ジェームス・テンプル [James Temple] 2018.03.23, 14:32
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
いまだけ【500円引き】クーポン配布中
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る