KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

元グーグル幹部の自動運転技術企業、VWと現代自にソフト提供へ
Aurora
Google’s Old Autonomy Wizard Will Now Make VW and Hyundai Cars Drive Themselves

元グーグル幹部の自動運転技術企業、VWと現代自にソフト提供へ

自動運転テクノロジーの分野で最も名の通った人物によって創業されたスタートアップ企業「オーロラ(Aurora)」は、自動車業界の主要メーカーにロボット技術を提供する大型契約を結んだ。

ブルームバーグによるとオーロラはフォルクスワーゲン(VW)とヒュンダイ(現代自動車:Hyundai)に対して「従来型のクルマに自動運転用ソフトウェアとシステムを供給する」という。これは目新しいアイデアではないが(「自動運転は自社開発するべきか、テック企業の部品を買うべきか?」参照)、オーロラには計画の実現に向けて競合を身震いさせる要素がある。

それは、人的リソースが充実していることだ。オーロラはクリス・ウルムソンによって創設された。ウルムソンはグーグルの自動運転部門の技師長を2016年に退社するまで務めていた。さらに、スタッフ70人の中には、テスラ(Tesla)の元自動運転主任であるスターリング・アンダーソン、ウーバー(Uber)の無人乗用車チームの創業メンバーであるドゥルー・バグネルといった、素晴らしい経歴のある人物もいる。

オーロラとVWは、無人バスと配達車両を開発に取り組む。ヒュンダイとは燃料電池を使った自律自動車開発の支援をするが、まだ詳細は明らかになっていない。

ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe] 2018.01.05, 16:09
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る