KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

「世紀の大発見」目指す科学者、古代DNAの抽出競争が激化 Industrialization of ancient DNA search sets off a “bone rush”

「世紀の大発見」目指す科学者、古代DNAの抽出競争が激化

はるか古代の遺伝子の発見競争において、科学者たちは「工業的」プロセスを用意してしまった。洞窟から出土されたり、博物館のコレクションから集めたりした古代の人骨からDNAを抽出するための工業的プロセスだ。

現代のDNAが混ざって汚染されないように、作業は気密されたクリーン・ルームの中で宇宙服を着た科学者が実施する——と記されているのは、古代のDNAの専門家、ハーバード大学のデイビッド・ライヒ教授についてのニューヨーク・タイムズ紙上の人物紹介である。

最高品質の古代のDNAは内耳の中に見つかる。それを取り出すには骨を破壊することになる。より優れた手段を持つ未来の科学者たちは、おそらく過去を振り返って嘆くことだろう。

古代の標本を手に入れて最初に大発見をしようとする競争は、次第に熾烈になってきている。ウィスコンシン大学の古人類学者であるジョン・ホークス教授はツイッター上で、現状には「強い違和感があります」という。「古代のDNAの抽出はもはや工業的プロセスとなって、数千もの古代の人々の骨を粉々にしています。『ボーン・ラッシュ』の雰囲気ができあがってしまったようです」。

アントニオ レガラード [Antonio Regalado] 2018.03.23, 14:47
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る