KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

コインチェック事件、テザー問題…暗号通貨の闇が露呈した1週間 It’s been a no good, very bad week for cryptocurrencies

コインチェック事件、テザー問題…暗号通貨の闇が露呈した1週間

この1週間、ビットコインをはじめとする暗号通貨は、大きな打撃を受けている。なぜこのようなことが起こっているのか誰にも分からないし、理由を知っていると主張する人がいても、信用すべきではない。しかし、特にやっかいな2つの出来事が、原因の一端を担っていることに異議を唱える人はいないだろう。

暗号通貨の良いムードをぶち壊す出来事は、1月26日金曜日の日本時間午前2時57分に東京で発生した。日本の暗号通貨取引所であるコインチェックから、ハッカーが5億ドル以上に相当する暗号通貨を盗み取ったのだ。1月30日の火曜日には、世界で最も人気のある暗号通貨取引所の1つであるビットフィネックス(Bitfinex)と、米ドルとのペッグ制(交換レートを一定に保つ制度)を謳う暗号トークン販売会社テザー(Tether)を、米商品先物取引委員会(CFTC)が召喚していたことが明らかになった。

これらの事件は、多方面に影響を及ぼす可能性がある。コインチェックの幹部は基本的なセキュリティ対策を怠っていたことを認めた。これは、すでに暗号通貨取引所の運営方法に懸念を抱いていた金融規制当局にとって新たな不安材料となっている。ニューヨーク・タイムズ紙は、ビットフィネックスがテザーを利用してビットコインの価格を支えていた懸念が高まっていることを報じている。このことが、ビットコインの価格が下落した原因であると考えることもできる。

 

マイク オルカット [Mike Orcutt] 2018.02.04, 7:55
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る