KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

ロシア軍が米軍ドローンに妨害電波、シリアでの作戦に影響 Russian forces are reportedly jamming US drones over Syria

ロシア軍が米軍ドローンに妨害電波、シリアでの作戦に影響

ロシア軍の妨害電波が、シリアにおける米軍の作戦行動のいくつかに「深刻な影響を及ぼしている」と言われている。

NBCの報道によると、ロシア軍が使用している電子機器撹乱システムのせいで、小さな偵察ドローンがGPSを使った位置決めができなくなっている。こうした事態が数週間に渡って起こっているという。

このような妨害電波による攻撃は特に複雑なことではない。しかし、破滅的であると言える。最悪の場合、ドローンが墜落してしまう。ドローンが最近シリアで墜落しているかどうかについて、国防総省は触れなかった。

さらに、 当局がNBCに語ったところによると、ロシアによる妨害電波攻撃は特に先進的であり、暗号の通信路を妨害できるという。こうした攻撃はシリアにおいて「作戦上で強い影響」を持っているとも言われている。

ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe] 2018.04.11, 11:27
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る