KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

米有名大学でコンピューター科学を学ぶ女性が急増中 Tech talent actually shows promise for a more female future

米有名大学でコンピューター科学を学ぶ女性が急増中

テック業界はジェンダー多様性(ダイバーシティ)の大きな問題を抱えている。だが、コンピューター科学の課程を受講する女性が増えてきているという事実は、流れが変わってきていることを示唆している。

まず、学習を始めるのが早くなったことがあげられる。2017年には、 2万9000人以上の女子高校生が、コンピューター科学の飛び級試験を受けた。これは全受験者数の約27%を占め、2007年の18%から増加している。

女子高校生の間での関心の高まりは、大学のプログラムの後押しとなっている。カーネギーメロン大学、ジョージア工科大学、マサチューセッツ工科大学(MIT)、スタンフォード大学のような有名大学では、 コンピューター科学を学ぶ女性の数が過去5年間に大幅に増加した。 MITのプログラムでは34%から42%に、カーネギーメロン大学では26%から41%へと跳ね上がった。

技術労働力の多様化は、人工知能(AI)のようなテクノロジーが公正に発展するためには極めて重要だ。偏見をなくし、白人男性のグループの問題のみに限らず、広範囲の社会問題を解決できるようになる。より多くの女性がコンピューター科学の教育を受けるようになったのは、物事が正しい方向へと進んでいることの表れなのだ。

エリン・ウィニック [Erin Winick] 2018.03.09, 16:03
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る