KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

米国100万人のバイオバンク計画、NIHが実施3団体を発表
Broad Institute
The US has picked the DNA centers that will sequence 1 million genomes

米国100万人のバイオバンク計画、NIHが実施3団体を発表

米国人ボランティア100万人のゲノム解析プロジェクトを開始するにあたって、米国の適確医療(precision medicine)イニシアチブは、計2860万ドルを支給する3つの遺伝子シーケンシング・センターを決定した。

プロジェクトを運営する米国立衛生研究所(NIH:National Institute of Health)によると、「オール・オブ・アス(All of Us)」と呼ばれる今回の研究は、「米国の従来の研究の中で、最も野心的な生物医学的な取り組みの1つ」だという。研究では、プロジェクトに自分の遺伝子データを引き渡したあらゆる人種の100万人の健康・食生活・環境を追跡することになっている。これまでに11万人以上が登録済みだ。

米国人ボランティアのDNA解析は、取り合い必至の仕事だった。選定を勝ち取った団体は9月26日に発表された。テキサスのベイラー医科大学、マサチューセッツ州ケンブリッジのブロード研究所、シアトルのワシントン大学である。

企業で選ばれたのは、カリフォルニア州のカラー・ゲノミクス・オブ・バーリンゲーム(Color Genomics of Burlingame)1社だけだった。ケンブリッジのチームに参加し、普段、遺伝子検査事業の一環として実施しているDNA解読やレポート提供を手伝う予定だ。

そもそも、今回選定されたシーケンシング・センターは、やみくもに選ばれたわけではない。今回とまったく同じセンターが、20年前、ヒトゲノム計画の米国担当部分を主導していたのである。

オール・オブ・アスで作られる米国の遺伝子データベースは大規模なものになるだろうが、出遅れた感は否めない。英国版のUKバイオバンク(UK Biobank)はすでに10年前に始動しており、主に中年の英国人50万人分のデータを収集して研究者に活用されている。

アントニオ レガラード [Antonio Regalado] 2018.09.27, 11:27
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る