KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

自由のために大手テック企業に規制を——「Webの父」が呼びかけ The web’s creator says: let’s regulate Big Tech

自由のために大手テック企業に規制を——「Webの父」が呼びかけ

ワールド・ワイド・ウェブの創始者であるティム・バーナーズ=リーは、Web を浄化する方法について公開書簡に綴った。

バーナーズ=リーはWebの現状について、特に、陰謀論、フェイクニュース、選挙への干渉、大規模なハッキングなどをあげて、以前のような「自由でオープンでクリエイティブな空間」ではないと論じている。

大きな問題は、 たった 「数社のプラットフォームがどのような考えや意見が公開されるかをコントロールしていること」であるとバーナーズ=リーは述べる。 フェイスブックやグーグルのような企業が、才能をかき集め、データを独占し、「収益を最大化させることを、社会貢献を最大化させることよりも優先する」状態になっていると語る。

解決策はないのだろうか。「社会的目的に考慮した法律または規制の枠組みを作ることが、こうした緊張の緩和につながるのではないか」とバーナーズ=リーは提唱している。しかし、その内容や詳細については触れていない。

ロンドン市長数名の共和党議員も、バーナーズ=リーに賛同し、テック大手の責任を追及する姿勢をみせている。

ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe] 2018.03.13, 13:55
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
有料プランの詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る