KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

中国センスタイムが6億ドル調達、世界一のAIスタートアップ企業へ The world’s most valuable AI startup is ... yep, Chinese

中国センスタイムが6億ドル調達、世界一のAIスタートアップ企業へ

人工知能(AI)による顔認識を提供する中国の企業、センスタイム(SenseTime)が資金調達で新記録を達成した。

ブルームバーグによると、センスタイムはアリババや複数の投資家から6億ドルの資金を調達した。センスタイムの企業価値は30億ドルを超え、AI分野において世界で最も価値のあるスタートアップ企業となった。

センスタイムのテクノロジーは中国の大規模な監視ネットワークを強化するのに役立つ。センスタイムは集めた資金の一部を使って、少なくとも5台のスーパー・コンピューターを構築し、何千もの生放送動画の配信を監視するのに利用するつもりだ。人材の確保を加速させ、自律運転と拡張現実(AR)への取り組みに投資するだろう。

ブルームバーグによると、センスタイムはさらなる資金を調達する交渉にすでに入っており、企業価値を45億ドル以上にすることを目標にしているという。

センスタイムはAI博士号取得者を大量に雇用している。2015年以降、世界トップクラスのAI関連学会で、フェイスブックやグーグルといった米国の大手企業よりも多くの論文を発表している。

ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe] 2018.04.10, 6:52
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る