KADOKAWA Technology Review
×
中国AI企業の幹部が披露した、驚くべき先端テクノロジー
知性を宿す機械 無料会員限定
China’s AI wizards want to entertain you, cure you, and dominate the world

中国AI企業の幹部が披露した、驚くべき先端テクノロジー

フェイスブックやグーグルといった米国の大手企業を超える勢いで、中国のAI企業が成長している。MITテクノロジーレビューのイベントで中国のAI企業の幹部らが自社のサービスやテクノロジーを披露した。 by Martin Giles2018.03.31

中国政府には、2030年までに人工知能(AI)分野で先頭に立つという野心的な計画がある。北京にあるAI工業団地に数十億ドルを投資し、AI分野を支配する技術標準を作りたがっている。象徴的なAIスタートアップ企業の育成にも力を入れており、2017年、中国のAIスタートアップ企業は、米国のAIスタートアップよりも多くの資金を集めた。

3月26〜27日にサンフランシスコで開催されたMITテクノロジーレビュー主催の年次カンファレンス「Emtechデジタル」で、中国テック企業の幹部らが中国企業が成し遂げたAIの進歩について語った。

ディスカッションで明らかになったのは、コンピューター・ビジョンから音声認識、自然言語処理に至るまで、AIを使ったテクノロジー領域で中国企業が達成した驚くべき進歩だ。

中には猛烈なスピードで成長している企業もある。「トウティアオ(Toutiao:今日頭条)」と呼ばれる大人気ニュースアプリを運営するバイトダンス(ByteDance)は現在、毎月7億を超えるアクティブユーザーを抱えており、毎日1億2000万人がこのアプリを開いている。こうした行動により大量のデータが集まり、そのデータをもとにアルゴリズムを改善し、記事や動画、その他のコ …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5Cities Issue

新型コロナのパンデミックによって激変した都市生活は、ポストコロナでどう変わるのか? 都市部への人口集中が世界で加速する中、環境、災害、貧困といった負の側面をテクノロジーは解決できるのか? 多様な人々が集まり、化学反応が起きるイノベーションの集積地としての役割を都市は今後も果たし続けるのか? 世界の豊富な事例と識者への取材を通して、新しい都市の未来像を描く。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る