KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

ホワイト・ハッカーへの依頼で安くなるサイバー保険が登場 These hackers can help cut your company’s insurance bill

ホワイト・ハッカーへの依頼で安くなるサイバー保険が登場

多くの大企業は、サイバー攻撃に対する防御の欠陥を見つけ出し報告するホワイト・ハッカー(倫理的ハッカー)に報酬を与えるバグ報奨金プログラムを設置している。だが、こうしたプログラムを企画し、管理するのには多くの苦労が伴う。

このほど新たに成立した提携は、中小企業でもバグ報奨金プログラムの実施を容易にし、実際に実行する企業にメリットのあるものだ。

最大規模のホワイト・ハッカーのネットワークを運営するハッカーワン(HackerOne)は、オンライン・サイバー保険会社のコーリション(Coalition)と提携した。コーリションは、再保険大手のスイス・リー(Swiss Re) などの資金力のある企業の支援を受けている。

今回の提携では、ハッカーワンのバグ報奨金プログラムを利用する企業に対して、コーリションが割安でサイバー保険を提供する。犯罪者が欠陥を見つけ出し悪用するより先にホワイト・ハッカーがサイバー・セキュリティの弱点を明らかにすることで、コーリションが実際に保険金を支払う可能性が低くなる、というわけだ。

この中小企業向けバグ報奨金プログラムは、悪意のあるハッカーの排除を目指す保険会社とサイバーセキュリティ企業の業界を超えた数多くの連携のうち、最新の事例である。

マーティン ジャイルズ [Martin Giles] 2018.02.15, 15:16
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る