KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

ウーバーの自動運転車の死亡事故、被害者との和解が成立 Uber settled with the family of its autonomous car crash victim

ウーバーの自動運転車の死亡事故、被害者との和解が成立

ウーバーは自動運転車が起こした初の歩行者死亡事故について、裁判を回避した。

ロイター通信が伝えるところによれば、アリゾナ州テンピで起こった自動運転車の事故で死亡した犠牲者の家族と、ウーバーの間の問題は「すでに解決した」という。和解内容の詳細は不明だ。

ウーバーはこれで、長く複雑な訴訟事件に耐える必要がなくなった。しかし同時に、自動運転車の過失に対する初の民事訴訟の判例が出るのが、将来に先延ばしになってしまった。

和解が成立したとはいえ、ウーバーの自動運転車の技術力に対してはまだ大きな疑問が残っている。自動運転車絡みの事故についての多くの倫理上の疑問は、解決しないままとなった。 今回の場合は、安全を確保するために同乗するセーフティ・ドライバーが衝突の前に何かに気を取られてしまったため、話がよりややこしくなっている。

この事故については、まだ多くの論争がある。伝えられるところによると、事故を起こしたウーバーの車両には、元々搭載されていたより少ない数の安全センサーしか搭載されていなかったという。ウーバーとアリゾナ州知事の間には親密な関係があったので、今回の公道試験が最小の監視体制の下で実施されたとの話もある。 現在政府の進めている2つの調査が、何らかの答えを出してくれるかもしれない。

ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe] 2018.03.30, 10:19
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る