KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

ウェイモの自動運転車、公道試験で1日4万キロを走行中 Waymo racks up a million autonomous miles in one month

ウェイモの自動運転車、公道試験で1日4万キロを走行中

自動運転自動車を開発するウェイモ(Waymo)は、累計走行距離を延ばし続けている。

2017年11月に公道での走行実績で約644万キロを達成したウェイモの自動運転車は、2018年6月には約1130万キロに到達している。

2018年7月現在、ウェイモの累計走行距離は前月の実績に約160万キロを上乗せし、昨年11月からわずか8カ月で2倍となる約1290万キロを突破した。7月20日、ウェイモのジョン・クラシク最高経営責任者(CEO)は「現在、当社の自動運転自動車は、1日あたり約4万キロのペースで公道を走行しています」と語った。

ウェイモの走行距離は、競合他社と比べて群を抜いている。さらに、現在も引き続き自律型自動車の保有台数を増やし続けている。2018年5月、クライスラーからミニバン6万2000台を購入する意向を発表した。購入したすべての新車が公道を走った暁には、自動運転ソフトの実績・訓練において、ウェイモは競合他社をさらに引き離すと見られている。

エリン・ウィニック [Erin Winick] 2018.07.24, 12:23
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る