KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

「自分の仕事は機械にはできない」9割の労働者が回答 We all think our jobs are safe from automation

「自分の仕事は機械にはできない」9割の労働者が回答

米国の非営利ラジオネットワークNPR(National Public Radio)とマリスト大学が2017年12月上旬に実施した世論調査の結果、すべての業界の人が、ロボットに自分の仕事を奪われる可能性について楽観的に考えていることがわかった。

米国の労働者のなんと94%が、自分がロボットによって失業する可能性は少ないと思っている。

自動化される可能性が高いとされる仕事に就いている人でさえ、心配していないようだ。NPRが、倉庫で働くクリス・ビーティーに自分の仕事をロボットができると思うかと聞いたところ、「難しい質問ですが、ロボットにこの仕事ができるとは思いません。それに、私は自分の仕事を非常に気に入っています」との答えが返ってきた。失礼ながら、自律型フォークリフトその他の自動運転車両のメーカーはこの答えに同意しないだろう。

実際、人間の仕事のどれぐらいがロボットに奪われてしまうのだろうか。先の記事でお伝えしたように、新たに発生したりなくなったりする雇用の数を正確に予測することは、専門家でも不可能に近いほど難しい。

 

エリン・ウィニック [Erin Winick] 2018.01.26, 18:01
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る