KADOKAWA Technology Review
×
来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付開始。
「量子クラウド」時代到来、リゲッティは128キュービット提供へ
Simon Landrein
知性を宿す機械 Insider Online限定
Running quantum algorithms in the cloud just got a lot faster

「量子クラウド」時代到来、リゲッティは128キュービット提供へ

スタートアップ企業のリゲッティ・コンピューティング(Rigetti Computing)が、クラウドを介した新たな量子コンピューティング・サービスの提供を開始する。現時点での世界最高性能である128キュービットの量子プロセッサーを利用したサービスも今後、提供する予定だ。 by Martin Giles2018.09.11

いつの日か、量子コンピューターが最強の古典的スーパーコンピューターを遥かに超えた速度で計算を実行するようになるかもしれない。しかし、今のところは、量子コンピューターの構築と保守には莫大な費用と大きな困難がついて回っている。

そこで、ここ数年、数少ない量子コンピューターの一部を、クラウドを介して研究者や企業が利用できるようにするサービスを提供する企業が現れて始めている。

量子コンピューターのスタートアップ企業であるリゲッティ・コンピューティング(Rigetti Computing)は、このほど、同社の既存サービスを基盤とする新たな「量子コンピューティング・サービス(Quantum Computing Service:QCS)」を発表した。QCSは、クラウドにおける量子プログラミング向けのソフトウェア・ツールキット「フォレスト(Forest)」などを含んでいる。リゲッティは、「量子アドバンテージ(量子有利性)」と呼ぶ課題を量子コンピューターが達成できることを、QCSを利用して実証した最初の個人またはチームには100万ドルの賞金を与えるとしている。

リゲッティの定義によれば、量子アドバンテージの実証とは、重要で価値のある問題において、量子コンピューターの方が古典的コンピューターよりも高品質で高速に、または安価に解決策を見い出せるのを示すことだ(リゲッティはコンテストの詳細を10月30日に発表するという)。

リゲッティは、最近、世界で最も強力な量子プロセッサーも発表した。このプロセッサーは、これまでの記録保持者であるグーグルの72キュービット・チップ「ブリッスルコーン(Bristlecone)」を上回る128キュービットのモデルだ(MITテクノロジーレビューのキュービット・カウンターを参照)。ただし、QCSでは当初、16キュービット・チップしか使えない。サービスを利用できるのもリゲッティの特定の顧客とパートナーに限られるが、年内にはより広範に利用できるようになる。

量子コンピューティングがこれほど大きな熱狂を呼んでいる理由と …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7世界を変える10大技術 2022年版

パンデミック収束の切り札として期待される「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)飲み薬」、アルファ碁の開発企業が作った「タンパク質構造予測AI」、究極のエネルギー技術として期待が高まる「実用的な核融合炉」など、2022年に最も注目すべきテクノロジー・トレンドを一挙解説。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る