KADOKAWA Technology Review
×
「宇宙ビジネスの時代」を先取りするテクノロジー・カンファレンス 
お得な「早割」販売中。
ゲイツ・ファンドが投資する
「地熱」ベンチャーの中身
Courtesy Fervo Energy.
持続可能エネルギー 無料会員限定
Bill Gates has added a geothermal startup to his clean energy fund’s first bets

ゲイツ・ファンドが投資する
「地熱」ベンチャーの中身

ビル・ゲイツのクリーン・エネルギー・ファンドは、送電網向け蓄電、バイオ燃料、核融合発電などに加えて地熱発電にも初めて投資を決めた。より効率のよいクリーン・エネルギー技術の開発が期待される一方、飲み水や地震への影響も懸念される分野でイノベーションを起こせるか。 by James Temple2018.10.17

ビル・ゲイツによる10億ドルのクリーン・エネルギー支援ファンドはつい最近、地熱発電に初の投資をした。9月26日、ブレークスルー・エナジー・ベンチャーズ(Breakthrough Energy Ventures)は高まる気候変動の脅威に対抗するテクノロジーを開発中のスタートアップ企業への投資を発表した。

地熱発電の初の投資先として選ばれたのは、カリフォリニア州バークレーを拠点とするスタートアップ企業「フェルボ・エナジー(Fervo Energy)」である。水圧破砕法技術を地熱産業に応用することで、地球の潜熱をより多くのクリーンなエネルギー源に変換しようとしている企業だ。

このテクノロジーが狙い通りに働けば、既存の地熱発電所の電力生産増強や、まったく新しい地域での地殻内の熱利用が可能になる。地熱発電量が増大すれば、よりクリーンなエネルギー生産システムへの大幅な移行が実現しやすくなるかもしれない。電力量が変動しやすい風力発電や太陽光発電と違い、地熱発電は常時安定したエネルギー供給が可能であり、必要に応じて電力の増産にも対応できるからだ。

最初にWebメディアのクオーツ(Quartz)が報じたブレークスルーの投資先企業の新しいリストは、その後、同ファンドのWebサイトに掲載された。掲載された企業は、送電網向け蓄電システムを手がけるスタートアップ企業のフォーム・エナジー(Form Energy)、固体電池企業クアンタムスケープ(QuantumScape)、マサチューセッツ工科大学(MIT)のスピンアウトとして核融合発電に取り組むコモンウェルス・フュージョン・システムズ(Commonwealth Fusion Systems)、バイオ燃料企業DMCバイオテクノロジーズ(DMC Biotechnologies)、窒素肥料の代替製品開発に取り組むピボット・バイオ(Pivot Bio)、二酸化炭素をコンクリートに貯蔵するカー …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
宇宙ビジネスの時代

かつて国家主導だった宇宙開発がいま、大きく変化している。テクノロジーの進化とリスクマネーの流入によって民間企業による宇宙開発が加速し、自社の事業拡大に宇宙を活用しようとする「非宇宙」企業やベンチャー企業の動きも活発だ。いまなぜ「宇宙」なのか? そのヒントとなる記事を集めた。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る