KADOKAWA Technology Review
×
自動運転のキーパーソンが集結「Future of Society Conference」11/30開催! チケット販売中 「Future of Society Conference」
11/30開催! チケット販売中
ビジネス・インパクト There’s no Google Maps for self-driving cars, so this startup is building it

自動運転版グーグル・マップ
ウーバー運転手の「副業」で
覇権狙うベンチャー企業

完全自律運転の実現に必要とされる高精度3Dマップで覇権を狙う米国のスタートアップ企業がある。ウーバーやリフトといった配車サービスのドライバーと契約し、どこよりも早く世界中の都市を網羅した地図データをサブスクリプション・モデルで提供するという。将来はグーグル・マップのように個人の開発者に提供することも視野に入れているというが、地図会社に勝ち目はあるか。 by Elizabeth Woyke2018.10.18

自動運転自動車は障害物を発見するセンサーと、道路や標識、インフラに関する詳細な3Dマップを使って走行する。だがその地図を作成し、常に最新の状態に保つには、莫大な労力が必要だ。サンフランシスコを拠点とするスタートアップ企業マッパー・ドットAI(Mapper.ai)は、オンデマンドで継続的に更新される地図サービスを提供することで、このプロセスを簡素化したいと考えている。

10月4日に一般公開された企業向けの新サービスでは、公道であれば世界中どこでも、地図化したい任意の場所を選択できる。マッパーは現地のドライバーを雇って地理データを収集し、3Dマップに変換して販売する。地図は購入後も定期的に更新され、一連のサービスはサブスクリプションで提供される。

マッパーはこれまで、小規模なグループの顧客を相手に、自律または半自律運転用の地図を作成してきた。現在、アジア、ヨーロッパ、北米の地図を保有している。将来的には、常に更新される、市街地と高速道路の機械向け地図の世界最大のリポジトリの構築を目指している。自律型移動手段はいまのところ、いくつかの企業が限られた数都市でのみ試験している状況だが、マッパーの共同創業者であるニヒル・ナイカル最高経営責任者(CEO)は、今後1、2年で試験が数十の都市に拡大し、総距離は数千キロに拡がると考えている。「自律型移動手段向けの地図としては、まだ大規模なものは開発されていません」とセンサーと地図作成の業務に10年以上にわたって携わってきたナイカルCEOは話す。「我々はどこよりも早く、世界中を網羅した機械用の地図作成をミッションに掲げています。そうすれば、世界中の人に販売できます」。

マッパーの特徴は、フリーランスの運転手のネットワークを使うことで、広い範囲をカバーし、地図の更新速度を確保していることだ。フリーのドライバーの多くがウーバー(Uber)やリフト(Lyft)といった相乗りサービスにも登録しており、客の少ない日中に地図データを収集しているのだ(ウーバーのドライバ …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
2018.11.30
外苑前TEPIAホール
FUTURE of SOCIETY
自動運転のトップ研究者と都市デザインのスペシャリストが集結
100年ぶりの「移動手段の進化」が社会や人々の生活にどのような変化をもたらすのか?自動運転が創り出す未来を産業界・アカデミック界のキーパーソンとともに考える、MITTR発のテクノロジー・カンファレンス。
Special Guest原研哉
チケット好評発売中
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る