KADOKAWA Technology Review
×
キヤノン電子・酒巻社長の講演が決定!
MITTR主催「宇宙ビジネスの時代」 チケット販売中。
The Texas A&M University System | YouTube
ビジネス・インパクト 無料会員限定
A cyber-skills shortage means students are being recruited to fight off hackers

「AIと学生のペア」で
セキュリティ人材不足に挑む

テキサスA&M大学はサイバーセキュリティの知識に乏しい学生とAIソフトウェアにペアを組ませ、サイバー攻撃から守っている。学生はサイバーセキュリティのスキルを身につけられ、大学はセキュリティ人材を確保できるのがメリットだ。 by Erin Winick2018.10.26

サイバーセキュリティ分野で人材が不足している。しかも、事態は悪化するばかりだ。ある予測によると、サイバーセキュリティ分野では2021年までにおよそ350万人分の人材が不足になるという。しかも、サイバーセキュリティ分野への就職志望者のうち、能力のある候補者は4分の1にも満たないというのだ。

だからこそ、大企業は移動式のトレーニング・トラック や見習い制度といった長期対策に投資している。そうした中でテキサスA&M大学は、短期間に人材不足を解決する方法を見つけた。セキュリティ初心者の学生と人工知能(AI)ソフトウェアとのペアリングである。

テキサスA&M大学のセキュリティ・オペレーション・センターは、大学のシステムを狙った毎月約100万回ものサイバー攻撃に対処しなければならない。センターには常勤の職員もいるが、セキュリティ担当者の大半が学生で成り立っている。現在10人の学生が、AIソフトウェアとの共同作業によって脅威を監視・検出し、対策を講じている。

学生にとっては就職前のトレーニングになり、大学にとっては低賃金でサイバーセキュリティの職員を雇っていることになる。さらに、テキサスA&M大学は他の多くの組織のように、サイバーセキュリティの人材不足問題に悩まされることもない。「本学では、これまでに職員を募集したことは一度もありません」とセキュリティ・オペレーション・センターのダニエル・バシレ事務局長は述べる。「全員の学生が、外部からの情報によってセキュリティ・オペレーション・センターのことを知ったのです」。

セキュリティ・オペレーション・センターでは学生が出勤すると、最初に大学の各学部が直面している、潜在的な脅威の数が表示されたホワイトボードを見 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
宇宙ビジネスの時代

かつて国家主導だった宇宙開発がいま、大きく変化している。テクノロジーの進化とリスクマネーの流入によって民間企業による宇宙開発が加速し、自社の事業拡大に宇宙を活用しようとする「非宇宙」企業やベンチャー企業の動きも活発だ。いまなぜ「宇宙」なのか? そのヒントとなる記事を集めた。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る