KADOKAWA Technology Review
×
自動運転のキーパーソンが集結「Future of Society Conference」11/30開催! チケット販売中 「Future of Society Conference」
11/30開催! チケット販売中
米国初の量子鍵配送ネットワーク構築プロジェクトが始動
コネクティビティ The US pushes to build unhackable quantum networks

米国初の量子鍵配送ネットワーク構築プロジェクトが始動

量子技術分野で量子コンピューターと並んで注目されているのが、量子通信ネットワークだ。先行する欧州や中国に続き、米国でも量子鍵配送ネットワークを構築し、セキュアなデータ通信の実現を目指す動きが始まった。 by Martin Giles2018.10.29

数年前、米国国家情報局(NSA)に契約社員として勤務していたエドワード・スノーデンによる機密文書の漏洩で、情報機関がどのようにスパイ活動を行なっているかが明らかになった。われわれが驚かされたことの1つは、スパイたちが光ファイバー・ケーブルを流れる膨大な量の情報を監視していたという事実だった。

スノーデンが暴露した事実によって、通信ケーブルからのハッキングを不可能にするために、量子科学というまだほとんど解明が進んでいない領域への研究を加速させようとする気運が高まっている。

スタートアップ企業のクアンタム・エクスチェンジ(Quantum Xchange)は、米国東海岸沿いに500マイル(約805キロメートル)に渡って結ばれた光ファイバー・ケーブルへのアクセスを可能にする許可を得た。これによって、米国初の量子鍵配送(Quantum Key Distribution:QKD) ネットワークを作り上げることになるという。

さらに、シカゴ大学アルゴンヌ国立研究所とフェルミ国立加速器研究所が、量子テレポーテーションを利用してデータ・コミュニケーションの安全確保を試みる、テストベッド(実証試験用プラットフォーム)を構築する合弁事業を発表した。

クアンタム・エクスチェンジによるQKDのアプローチでは、情報を従来のようにビットで符号化して送信するが、その復号に使われる復号鍵は量子ビット(キュービット)の形態で送られる。これらは、通常は光子(光の粒子)であり、光ファイバー・ケーブルで難なく伝達できる。このアプローチ …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
2018.11.30
外苑前TEPIAホール
FUTURE of SOCIETY
自動運転のトップ研究者と都市デザインのスペシャリストが集結
100年ぶりの「移動手段の進化」が社会や人々の生活にどのような変化をもたらすのか?自動運転が創り出す未来を産業界・アカデミック界のキーパーソンとともに考える、MITTR発のテクノロジー・カンファレンス。
Special Guest原研哉
チケット好評発売中
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る