KADOKAWA Technology Review
×
米国でも製造業の人手不足が深刻化、デロイトが指摘する3つの処方箋
Jens Tärning from the Noun Project
ビジネス・インパクト 無料会員限定
Here’s what a manufacturing skills gap of more than 2 million people will look like

米国でも製造業の人手不足が深刻化、デロイトが指摘する3つの処方箋

製造業の人手不足は日本だけの問題ではない。米国でも今後10年間で240万人分の不足が予想されるという。 by Erin Winick2018.11.20

コンサルティング企業のデロイト(Deloitte)が11月14日公開した新たなレポートによると、2018年から2028年にかけて米国の製造業では460万件の新しい雇用が創出されるという。

不足部分(冒頭の表を参照)

新たに創出される雇用の半数以上、240万人分の人材不足が予想されている。デロイトのレポートは、人材不足の原因は主に以下の3つだとしている。

新規雇用はどこから創出されるのか?

製造業に従事する労働者の多くが高齢になっている。製造業に携わる260万人超のベビー・ブーマーが、今後10年で退職して …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る