ビジネス

Uber’s Ad-Toting Drones Are Heckling Drivers Stuck in Traffic ウーバー、運転中のドライバーにドローンで広告攻め

道路脇の掲示板は過去のもの。広告はフロントガラスの真上に浮かぶ時代だ。 by Michael Reilly2016.10.17

メキシコシティで渋滞中のドライバーは、最近、看板を運ぶドローン軍団が目障りになっている。「自分で運転しているの?」(現地ではスペイン語)というメッセージを見た人もいる。

「これだからいつも火山が見えないんです」

ドローンの多さは、巨大都市を漂い、 近くにある2つの山頂がかすむこともある排気ガスのスモッグ並みに邪魔というわけだ。

看板の意図は環境保護を訴えることではない。ウーバーが展開する相乗りサービス「UberPOOL(ウーバープール)」の広告で、ウーバーをラテンアメリカ市場で大々的に売りだす宣伝の一環なのだ(つまり「自分で運転しているの?」は「相乗りしていないの?」の意味)。

ブルームバーグが述べているように、ウーバーのメキシコシティーでの事業はすでに他の都市よりも多く、ブラジルは、米国、インドに次ぐ3番目に大きな市場になっている。ウーバーはラテンアメリカ全般を米国、インドよりも拡大しやすいターゲットと見ているのだ。

最終的にウーバーが撤退した中国の滴滴出行(ディディチューシン)との 高くついた競争をきっかけに、ウーバーは積極的な攻めに戻ろうとしている。というわけでウーバーは、交通渋滞に巻き込まれたドライバーにドローンの大群であからさまな売り込みをかけているのだ。

(関連記事:Bloomberg, “With Its Sale in China, Uber Drives a Better Bargain”)

人気の記事ランキング
  1. Machines Can Now Recognize Something After Seeing It Once グーグル・ディープマインド、大量データ不要の深層学習システムを開発
  2. Wikileaks E-Mails Are an Election Influence to Really Worry About クリントン不支持の世論形成は、ロシアによる選挙干渉
  3. Neural Network Learns to Identify Criminals by Their Faces ニューラル・ネットワーク、「犯罪者顔」で犯罪者を判定
  4. Can social media control public opinion? ソーシャルメディアで世論は操作できるか?
  5. How the Bot-y Politic Influenced This Election 大統領選ツイートは約20%がボット、約75%はトランプ支持
この記事をシェアしてください!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
タグ
クレジットPhotograph by Brett Gundlock, Boreal Collective
マイケル レイリー [Michael Reilly]米国版 ニュース・解説担当級編集者
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当編集者。地質学者。
「イノベーション戦略」の記事
人気の記事ランキング
  1. Machines Can Now Recognize Something After Seeing It Once グーグル・ディープマインド、大量データ不要の深層学習システムを開発
  2. Wikileaks E-Mails Are an Election Influence to Really Worry About クリントン不支持の世論形成は、ロシアによる選挙干渉
  3. Neural Network Learns to Identify Criminals by Their Faces ニューラル・ネットワーク、「犯罪者顔」で犯罪者を判定
  4. Can social media control public opinion? ソーシャルメディアで世論は操作できるか?
  5. How the Bot-y Politic Influenced This Election 大統領選ツイートは約20%がボット、約75%はトランプ支持