KADOKAWA Technology Review
×
【3/14】MITTR主催「アクセシビリティとテクノロジー 」開催 申込受付中
With Its Sale in China, Uber Drives a Better Bargain

ビジネスモデルの欠陥?
ウーバー、中国市場で敗北

中国市場で数十億ドルを失ったウーバーは、配車サービスアプリの先駆者として、新しいテクノロジーの開発に目を移した。 by Nanette Byrnes2016.08.02

今日のウーバーは賢そうだ。ばく大な赤字を垂れ流していた配車サービスアプリの市場実験を中国で終え、ライバルでもある現地の巨大企業、滴滴出行(ディディチューシン)にウーバー・チャイナを売却した。降参の代償として、ウーバーは不採算のサービスの利用を促すため、乗客とドライバーに支払っていた数十億ドルの販促費を支出せずに済む。合併後の会社の株も一定の割合を保持し、さらにウーバーのトラビス・カラニックCEOは新車の取締役に就くとの報道がある

だが、中国市場での失敗は一度の例外なのだろうか? 国外のテクノロジー企業が浸透するには困難な市場で、グーグルすら最終的には撤退したのではなかったか? それとも、ウーバー・チャイナの失敗は、ウーバーのテクノロジーやビジネスモデルの弱点が露呈したのだろうか?

東南アジアでウーバーと競合するグラブのアンソニー・タンCEOは、原因はウーバーのテクノロジーやビジネスモデルの弱点だと即答した。TechCrunchが入手した従業員宛のメールでタンCEOは、今回の中国事業の売却は「現地の首位企業が自らの信念と強みに忠実であれば、外国企業に負けることはない」ことの証明であり、ウーバーは「一度敗れ、次は我々がウーバーを負かす番だ」と述べた。

中国でウーバーは、利用者やドライバーから信頼を得るのに苦労した。何年にもわたって利用者には値引を、ドライバーには販売奨励金を提供し、乗客はウーバーのほうが安ければ、ドライバーはウーバーのほうが高ければ利用する、という段階にまでは到達した。かつては、乗客とドライバーがお互いに感想を述べたり、乗客やドライバーとしての価値を高めたり、維持したりすることで、タクシー会社が管理しなくてもモラルが向上するような、アプリ・プラットフォーム・テクノロジーの強みは、低価格な料金設定にはかなわない、と証明されたのだ。

もちろんこの問題は、利用者もドライバーも、複数のアプリに簡単にサインアップできて、悪い評価を得たら次々と乗り換えればいい、ことも原因だ。ハーバード・ビジネス・スクールのマシュー・ローズ=クロフ教授の予想では、すぐに乗車シェアリングアプリ版のエクスペディアが出てきて、おもに価格で比較されるようになる。

「(タクシー乗車のような)基本的なビジネスは、日用品ビジネス(のように、価格で評価されやすいの)です」とローズ=クロフ教授はいう。

先行者利益の概念では、ウーバーは世界一の企業になるために急速に事業を拡大させることで、規模の経済のメリットを享受する。このウーバーの構想に、ベンチャー投資家が乗ったのだ。しかし、中国発祥の滴滴出行やマレーシア発のグラブ、インドのオラなど、好調なウーバーの競合企業は地域企業であり、配車サービス市場はグローバルどころか、どんどん断片化していることがわかる。

米国でさえ、配車サービスアプリは幅広く普及しているわけではない。たった15%の米国人しか配車サービスアプリを使ったことがなく、利用者の多くはそれほど多くない都市部に集中している。

貪欲な中国の利用者に資金を投じなくて済むウーバーは、テクノロジーにより磨きをかけられるかもしれない。ウーバーは現在自律自動車に関心を持っており、全地球地図化計画に5億ドルを投資すると最近報じられた

先端テクノロジーの開発に挑むことは、中国の顧客に値引きするより賢い投資だと証明されるかもしれない。しかし、実際に財務上の損得が判明するのは何年も先の話だ。

人気の記事ランキング
  1. OpenAI teases an amazing new generative video model called Sora 動画でも生成革命、オープンAIが新モデル「Sora」を発表
  2. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #27 MITTR主催「アクセシビリティとテクノロジー 」開催のご案内
  3. How sulfur could be a surprise ingredient in cheaper, better batteries 米ベンチャーがリチウム硫黄バッテリーを生産、EV搭載はいつ?
  4. Watch this robot as it learns to stitch up wounds AIロボットが縫合技術を習得、6針縫うことに成功
  5. How to fix the internet 「インターネット」の直し方
タグ
クレジット Photography by STR | Getty
ナネット バーンズ [Nanette Byrnes]米国版 ビジネス担当上級編集者
ビジネス担当上級編集者として、テクノロジーが産業に与えるインパクトや私たちの働き方に関する記事作りを目指しています。イノベーションがどう育まれ、投資されるか、人々がテクノロジーとどう関わるか、社会的にどんな影響を与えるのか、といった領域にも関心があります。取材と記事の執筆に加えて、有能な部下やフリーライターが書いた記事や、気付きを得られて深く、重要なテーマを扱うデータ重視のコンテンツも編集します。MIT Technology Reviewへの参画し、エマージングテクノロジーの世界に飛び込む以前は、記者編集者としてビジネスウィーク誌やロイター通信、スマートマネーに所属して、役員会議室のもめ事から金融市場の崩壊まで取材していました。よい取材ネタは大歓迎です。nanette.byrnes@technologyreview.comまで知らせてください。
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. OpenAI teases an amazing new generative video model called Sora 動画でも生成革命、オープンAIが新モデル「Sora」を発表
  2. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #27 MITTR主催「アクセシビリティとテクノロジー 」開催のご案内
  3. How sulfur could be a surprise ingredient in cheaper, better batteries 米ベンチャーがリチウム硫黄バッテリーを生産、EV搭載はいつ?
  4. Watch this robot as it learns to stitch up wounds AIロボットが縫合技術を習得、6針縫うことに成功
  5. How to fix the internet 「インターネット」の直し方
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る