KADOKAWA Technology Review
×
【締め切り迫る!1/20まで】年間購読料20%オフ & マガジン1冊プレゼントキャンペーン 実施中!
耐量子暗号は量子コンピューターの開発速度に追いつけるのか?
知性を宿す機械 Insider Online限定
Quantum computers pose a security threat that we’re still totally unprepared for

耐量子暗号は量子コンピューターの開発速度に追いつけるのか?

従来の暗号技術は強力な量子コンピューターを使えば破られてしまう可能性が高い。専門家らは、強力な量子コンピューターの登場までの期間を10年と見積もる一方、「量子耐性」を持つ暗号技術の開発・普及には早くとも20年はかかると指摘する。 by Martin Giles2018.12.13

クレジットカードの取引から健康記録などの重要情報を保持するデータベースに至るまで、社会のさまざまなデータは暗号を使って保護されている。全米アカデミーズの新たな報告書によると、超強力な量子コンピューターが従来の暗号化によるデータ保護を破る時代の到来に備えて、私たちは準備の速度を速める必要があるという。

12月3日に公開された報告書をまとめた専門家らによると、量子コンピューターに対抗できる暗号を広く普及させるのは「長く困難な道のり」であり、「実現には20年以上を要するだろう」という。20年以内に非常に優れた性能を持つ量子機械が登場する可能性はある。もしハッカーたちがそうした機械を手に入れてしまえば、セキュリティとプライバシーにとって悪夢のような事態となる。

現在のサイバー防御は、従来型のもっとも強力なスーパーコンピューターをもってしても、データやコンピューターネットワーク、その他のデジタルシステムを保護している暗号化アルゴリズムを破るためには想像を絶する時間を要するという事実に強く依存している。だが量子ビット(キュービット)を扱えるコンピューターであれば、処理能力は指数関数的に高まり、現代の最高レベルの暗号も破れるようになる。

主な問題点

先ほどの報 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
年間購読料 20%OFF
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る