KADOKAWA Technology Review
×
【8/15締切】来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付中!
生命の再定義 Insider Online限定
Are Altered Mosquitoes a Public Health Project, or a Business?

蚊の遺伝子改変で病気を減らしてカネになるのか?

非営利団体と企業は、デング熱とジカ熱との戦いのレースをしているのだ。 by Antonio Regalado2016.10.28

ラテンアメリカにおけるデング熱とジカ熱との戦いは、蚊の置換テクノロジー同士の、そして利益と公衆衛生をめぐるコンテストへと変わりつつある。

水曜日、オーストラリアの非営利団体エリミネート・デングは、米国政府やその他の寄付者から1800万ドルの支援を受け、リオデジャネイロとコロンビアのメデジン郊外に、ネッタイシマカ種による2つのウイルスの伝染を不可能にするバクテリアに感染させた蚊を、市内全域に早急に散布すると発表した。

ラテンアメリカにおける試験の対象範囲は、オキシテックがブラジルやケイマン諸島、フロリダで実施した営利目的の遺伝子組み換え蚊の実地試験により飛躍的に拡がった。

非営利と営利の対照的な取り組みは、公衆衛生に関心がある民間団体や複数の国の政府が、遺伝子組み換え蚊に大きな期待をかけていることを示す。蚊の間に広がって繁殖するにつれ、実質的に散布地点から広範囲に解毒剤を散布するのと同じで、しかも極端な低コストで済むからだ。

エリミネート・デングは、ボルバキアと呼ばれるバクテリアに感染させたメスの蚊を散布し、最終的に地域におけるすべての蚊に細菌を感染させ、現地の蚊が疫病を拡散しない蚊に効果的に置き換えていく。ウイルス駆除のコストは、約100万匹の蚊を数平方km以上に1年内に散布する場合で、1人当たり1ドル程度で済むという。

オキシテック等の企業は一方で、ジカ熱やデング熱の阻止を狙って、不妊化したオスの蚊を同様の地域に毎週、何百万匹も大規模散布している。オスの蚊は繁殖することも、遺伝的特徴を拡散することも、根付くこともない。

オキシテックはそのテクノロジーを「自己制限」と説明する。遺伝子組み換えにより不妊化したオスは、蚊の個体数を(刺すことで疾 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7世界を変える10大技術 2022年版

パンデミック収束の切り札として期待される「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)飲み薬」、アルファ碁の開発企業が作った「タンパク質構造予測AI」、究極のエネルギー技術として期待が高まる「実用的な核融合炉」など、2022年に最も注目すべきテクノロジー・トレンドを一挙解説。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る