ビジネス

Microsoft Is Looking Like the New Apple マイクロソフトはアップルから革新者のポジションを奪えるか?

先週開催された2つのイベントで明らかになったのは、一方は前進し、もう一方は立ち往生していることだ。 by Jamie Condliffe2016.10.31

先週、巨大テック企業の1社は革新者のように振る舞った。新発表のハードウェアは先進的で美しく、メディアの専門職の仕事をより効率的にするだろう。もう1社は既存のコンピューターにボタンを1列追加した。以前ならアップルが革新者だったが、少なくとも当面は、その役割はマイクロソフトに移ったのだ。

マイクロソフトは26日にニューヨークで開催されたイベントで、光沢のある未来的な28インチのオールインワン型パソコン「サーフェイス・スタジオ」を発表した。デジタルな製図台のような形態に変形し、約20度に傾ければ、専用のタッチペンと「サーフェイス・ダイヤル」(小さなホッケーのパックのような形をした物理的な装置で、タッチスクリーンに置いてダイヤルを回すと、調整された分量が画面に表示される)で操作できる。

マイクロソフトは他にも芸術作品を3Dで制作するための新しいツールを発表した。ユーザーが同社製HoloLensで制作した3D作品を視聴することを想定している。ツールをVRゴーグルの普及に協力する一環として位置づけているなら、他のVRゴーグルでも使えるかもしれない。マイクロソフトは、HP、デル、レノボ、エイスース、エイサーと共同でVRゴーグルを製品化しようとしており、各社は近日中にVRゴーグルを300ドル程度の価格帯で発売するはずだ。

一方、アップルは27日に最新のハードウェア …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。