1. コンピューターは通常、長年の使用で処理が遅くなっていくが、機械学習によって、使い続けるうちにより速く処理ができるようにする研究が進んでいる。近年、ムーアの法則が減速し、チップの基本設計の変化も見られなくなってきたことから、いずれ役に立つ技術となりそうだ。 Will Knight6年前

  2. グーグルがAR開発ツールを公開、第2の「ポケモンGO」は出るか
    グーグルがAndroidで動作する拡張現実(AR)アプリ開発ソフトウエア・ツールセットを公開した。Androidは巨大な市場を持つだけに、既存モバイル・アプリのAR版などで「ポケモンGO」に匹敵するキラー・アプリが登場するかもしれない。 Martin Giles6年前

  3. 人工知能(AI)の専門家であるアンドリュー・エンは、iPhoneを製造するフォックスコンの品質管理にAIの導入を進めている。製造業はいま、大きな変革期を迎えているようだ。 Rachel Metz6年前

  4. シリコンバレー界隈のテック企業にとって2017年は、人工知能(AI)などの分野でテクノロジーが目覚ましい進歩を遂げた一方で、ソーシャルメディアへのでっちあげ記事や有害コンテンツの投稿、性差別などの問題が公けになり、世間の非難を浴びた年でもあった。 Martin Giles6年前

  5. メルトダウン/スペクター問題、30億個のCPUに脆弱性か
    チップの欠陥による「メルトダウン」「スペクター」脆弱性を有するプロセッサーの数を見積もったところ、全世界のスマホやパソコン、サーバーなどが搭載する約30億個以上に達することがわかった。リスクを軽減するために、修正ソフトやOSのアップグレードが出たら迅速に適用する必要がある。 Martin Giles6年前

  6. アップルが自動運転技術の「チラ見せ」に追い込まれた理由
    秘密主義で知られるアップルが自動運転プロジェクトの情報をチラ見せしたのは珍しい。それには、あのアップルでさえも人材獲得に苦労しているという事情がある。 Will Knight6年前

  7. ついに出た夢の翻訳イヤホン「ピクセル・バッズ」を使ってみた
    グーグルが、スマホと連携することで、40言語の会話をリアルタイム翻訳できる無線イヤホンを159ドルで売り出した。早速購入して、ヒンディー語、ベトナム語、インドネシア語をそれぞれ話す人たち数人と会話してみた感想をお届けしよう。 Rachel Metz6年前

  8. 低スペックスマホでも「フェイスID並み」実現? 顔認証に新技術
    アイフォーン Xの登場で3D顔認証が注目されている中、専用ハードウェアが不要で、安価なスマホでも使える技術を開発したと謳うスタートアップ企業が現れた。 Rachel Metz7年前

  9. 指紋か顔か?
    新型アイフォーンで始まる
    生体認証のメガトレンド
    iPhone Xで採用された3D顔認証は、スマホに搭載される認証技術を一気に置き換える可能性がある。 Rachel Metz7年前

  10. アイフォーン誕生から10年
    ワンモアシングでも
    発表されなかったこと
    おなじみの「One more thing」のフレーズとともに発表された新型アイフォーン「アイフォーンX(iPhone X)」には、顔認識やワイヤレス充電など、これまでのアップル製品にはないテクノロジーが搭載されている。だが、10年を迎えたアイフォーンの発表としては物足りない。 Rachel Metz7年前

  11. エアポッドとアイフォーンで補聴器がいらなくなる?
    アップルの無線イヤホン、エアポッドを補聴器にするというすばらしいアイデアのアプリが登場した。ただし、アップルが今後エアポッドに何をするのか分からず、また、聞き取るまでのタイムラグは会話をするには少々時間がかかりすぎるところが難点だ。 Rachel Metz7年前

  12. アップルが社内ジムでAIをこっそり開発中
    使い道のないアップル・ウォッチはこの秋、大きく生まれ変わります。アップルは何年も前から、社内のフィットネス施設でさまざまなデータを収集してきました。 Rachel Metz7年前

  13. 新型アイフォーンはARマシン? 3Dレーザー・センサー搭載か
    ある情報筋によると、アップルが今秋発表するiPhone次期製品には、奥行を検知するレーザー・システムが搭載されるという。もし実現すれば、これまでにない拡張現実(AR)アプリが可能になる。Jamie Condliffe7年前

  14. MITテクノロジーレビューがアップルのティム・クックCEOへ独占インタビュー。シリコンバレーのジェンダー問題、トランプ大統領の環境および移民政策、そしてアップルの人工知能が批判を受ける理由について語った。 Nanette Byrnes7年前

  15. アップルは自動運転の開発で再び輝けるのか?
    アップルが自動運転車の開発を進めていることを正式に認めた。先行しているグーグルなどに遅れをとったかのように思われるものの、アップルがこれまで積み上げてきた技術を見ればすぐに追いつけるかもしれない。 Will Knight7年前

  16. アップル、自動運転技術の開発をついに認める
    アップルは「自律運転システムに焦点を当てている」とティム・クックCEOは明言。しかし具体的な製品の姿は見えてこない。 Jamie Condliffe7年前

  17. ティム・クックCEO独占インタビュー
    「アップルはすでにAIを活用している」
    アップルのティム・クックCEOがMITで1日を過ごし、人工知能や最新のテクノロジーに関する研究について意見交換した。訪問後、クックCEOはMITテクノロジーレビューの取材に応じた。 Nanette Byrnes7年前

  18. アップルがAIアシスタント市場参入、ただし売りは「スピーカー」
    アマゾンやグーグルが先行するホーム・アシスタント市場についにアップルが参入した。ただし、アップルが訴求するのはあくまでも音楽再生機能だ。 Rachel Metz7年前

  19. オープンソースでカワイイ♥音声アシスタントが登場
    アマゾン・エコーのようなホームアシスタントが米国で人気だ。あるスタートアップ企業が手掛ける「かわいい」音声アシスタントの狙いは、デバイスへの組み込みにある。 Rachel Metz7年前

  20. アップルの10億ドル基金はトランプの「製造業復活」に応えるか?
    アップルが発表した先進製造プロセス企業への10億ドル投資は、トランプ大統領が掲げる米国の製造業復活と雇用創出につながるのだろうか。 Jamie Condliffe7年前

  21. 遅々として進まないアップルの自動運転プロジェクト
    秘密主義で知られるアップルは、自律自動車でも世界をあっと言わせるのだろうか? 安全担当の同乗ドライバーの経歴や試験車両の不格好な外見から、他社に大きく遅れを取っている、と考えた方がよさそうだ。 Jamie Condliffe7年前

  22. アップルAI研究所長「深層学習をさらに強化する方法がある」
    アップルのAI研究を率いるルスラン・サラクトゥディノフ所長は、新手法により、AI分野で最も人気がある深層学習の性能はさらに高められる、という。 Will Knight7年前

  23. アップル、「頑固すぎ」て中国市場での出荷台数が4位に後退
    アップルの中国市場での出荷台数が4位に後退した。高機能かつ低価格が人気の中国市場で、高価でスリムな製品ラインアップにこだわり過ぎ、消費者の好みの変化に追随できなかったのが原因と考えられている。 Jamie Condliffe7年前

  24. アップル、スマートグラスとAR対応iPhoneを真剣に検討中
    アップルがスマートグラスとAR対応iPhoneを真剣に検討中と伝えられた。グーグルグラスの失敗を繰り返さず、iPhoneのようになくてはならない看板商品を打ち立てなければ、これ以上の成長はない。 Jamie Condliffe7年前

  25. Siriの会話力、強化学習で大幅改善へ
    強化学習版のSiriが開発されていることがわかった。アレクサに対抗するために、既存ユーザーとSiriとの会話は、強力なリソースになる。 Will Knight7年前

  26. ティム・クックCEOの
    新年の抱負を妄想する
    2017年、アップルのティム・クックCEOがしたはずの決意について、テクノロジーレビューのナネット・バーンズ上級編集者(ビジネス担当)が推測した。 Nanette Byrnes7年前

  27. スマートフォンの逆襲
    2017年注目のガジェット
    2017年注目のスマホやVRゴーグル、スマートウォッチを6つ紹介。 Elizabeth Woyke7年前

  28. アップル、インドに工場設立でトランプ次期大統領の意向はどうなる?
    トランプ次期大統領は、製造業をアメリカに取り戻そうとしているが、アップルがその考えに賛同しているかどうかはわからない。 Jamie Condliffe7年前

  29. アップルは自動運転車を作っているとは明言していない
    政府の規制に対する文書で、アップルは自律自動車に関する取り組みに関心があることを明かした。 Jamie Condliffe7年前

  30. 人気が低いアップルの地図アプリは、ドローンで改善できるか?
    アップルは自社の地図アプリを改善し、自律自動車用の詳細な環境情報の作成のために、ドローンが活用できると考えている。 Jamie Condliffe7年前

  31. 情報公開請求でわかったアップルの長期的医療戦略
    FDAとの密接なコミュニケーションは、アップルが医療機器の開発に多額の投資をしている一方で、その開発を急いでいないことを示している。 Jamie Condliffe7年前

  32. 失敗続きのアップルに、魅力的なスマートグラスが作れるのか?
    アップルは拡張現実事業の強化のため、スマートグラスに乗り出すのかもしれない。 Jamie Condliffe8年前

  33. 偽造iPhoneアプリの公開を許したアップルの品質低下
    かつて厳格な審査で評価されたアップストアが、今では違法アプリの温床になった。 Jamie Condliffe8年前

  34. マイクロソフトはアップルから革新者のポジションを奪えるか?
    先週開催された2つのイベントで明らかになったのは、一方は前進し、もう一方は立ち往生していることだ。 Jamie Condliffe8年前

  35. アップルがスマホ内のデータを捜査当局に開示すべきたったひとつの理由
    ニューヨーク州地方検事局のトップは、スマホ内の暗号化データへの捜査当局のアクセスについて、アップルに強制できると考えている。 Brian Bergstein8年前

  36. 事例:アップル 人工知能で出遅れた企業の挽回策
    カーネギーメロン大学の深層学習の専門家ルスラン・サラクディノフは、コンピューターが世界について学ぶスマートな方法を模索している Will Knight8年前

  37. アップル、自動運転部門を大幅に縮小
    アップルもグーグルも、自動運転プロジェクトは問題を抱えている。 Jamie Condliffe8年前

  38. アップルとマクラーレン
    買収交渉中の報道
    アップルがマクラーレンやテスラの買収で得られるのは、テクノロジーではなく、ジョブズのいないアップルに欠けているものだ。 Jamie Condliffe8年前

  39. 次期iPhoneはセラミック製の噂
    iPhone Xがもしセラミック製だと、今まで以上に取り扱い注意だ。 Katherine Bourzac8年前

  40. 借金してでも課税回避
    アップルの愛国心
    超優良企業が海外に何百億ドルもの資金を退避させることは、母国経済に悪影響がある。 Nanette Byrnes8年前

  41. アップル、人工知能で苦戦
    原因は秘密主義と成功体験
    アップルが崇拝される元にもなっている秘密主義と徹底した製品改良の姿勢は、機械学習分野でアップルに人材が集まらない原因かもしれない。 Will Knight8年前

  42. バグ発見で年収25万ドル
    アップルもぜい弱性に報奨金
    バグの発見で賞金を荒稼ぎする若者がいるからといって、仕事は辞めない方がいい。 Michael Reilly8年前

  43. グラフで見るロビー活動
    5大テック企業の巨額支出
    規制当局や政治家への影響力を得るため、巨大テック企業がロビー活動に費やす金額が増え続けている。著作権や税法など、いくつかの分野ではその巨大な影響力により、公平さを欠く問題がある。アマゾンが航空系(配達ドローン)のロビイストへの支払いが多いなど、各社の支出内訳は、事業内容を反映している。 Mike Orcutt8年前

  44. 5年目ティム・クックCEO
    インタビューの行間を読む
    アップルのティム・クックCEOがワシントン・ポスト紙で多くのことを語ったが、語らなかったことにも興味深いものがある。 Jamie Condliffe8年前

  45. アップルのプライバシー強化
    テック業界は追随するか?
    マイクロソフトが2006年に発表したビッグデータ時代の強力なプライバシー保護テクノロジーを、アップルが次のiOSで採用する。 Tom Simonite8年前

  46. アップルがiOS 10ベータ版で
    コードを公開した真意
    アップルがiOSの内部を第三者が詳細に調べられるようにしたことで、セキュリティが大幅に向上にするかもしれない。 Tom Simonite8年前

  47. ドナルド・トランプはアップルは米国内でiPhoneを製造するべきだと述べていた。2015年、MIT Technology Reviewは実際にそうしたとき、iPhoneの価格がどうなるか検証していた。 Konstantin Kakaes8年前