KADOKAWA Technology Review
×
限定クーポン利用で年額5000円OFF
キャンペーン実施中!
衛星インターネット激戦区
アラスカが注目される理由
コネクティビティ Insider Online限定
Why the future of satellite internet might be decided in rural Alaska

衛星インターネット激戦区
アラスカが注目される理由

ソフトバンクが出資する「ワンウェブ」や、スペースXなど、低高度軌道衛星(LEO)を使ったインターネット接続の提供を計画する企業の動きが活発化している。各社が最初に狙うのが、アラスカだ。人口は少ないが裕福な州で、地政学的にも見逃せないアラスカであれば、それなりの収益が見込めるとの思惑がある。 by Erin Winick2019.08.09

1年のうちの11カ月間、クリスティーン・オコナーはアラスカ・テレコム協会(ATA:Alaska Telecom Association)で働く。 ATAは、アラスカのすべての住人に対して、よりよいインターネット・サービスの提供を目指す業界団体だ。オコナーはATAで事務局長を務めている。

オコナー事務局長のいるアンカレッジのオフィスのインターネット・サービスは申し分ない。毎秒100メガビットの高速接続を同じビルの入居者と共有している。だが毎年7月、オコナー事務局長は登録人口が2人という非法人地域(市町村などの最小自治体に属さない地域)のエカックでプロの漁師として働く。そこで彼女は再び、州の多くを占める僻地の惨状を思い知らされるのだ。

エカックの建物の屋根の上には、2世代前のパラボラアンテナがほぼ水平方向に向けられ、もっとも近いインターネット衛星のヒューズネット(HughesNet)からサービスを受けている。アンテナは中古で購入した。新型のアンテナはオコナー事務局長の住んでいるエカック地域では利用できないからだ。このアンテナを使うと、毎秒2メガビット(下り)のサービスを月額199.99ドルで利用できる。1日の通信量の上限は800メガバイト。ちなみに2017年の米国のブロードバンドの下り平均速度は毎秒64.17メガビットで、月額平均料金は67ドルだ。だが彼女が不満を漏らすことはない。「そもそもインターネットに接続できること自体、ありがたいのです」。

アラスカの住人の15%から39%は、インターネット・プロバイダーのサービスが受けられない状況にある。衛星インターネットが、これらの人々にサービスを届ける唯一の手段だ。人口の少ない僻地にファイバー・ケーブルを敷設するのは投資に見合わない。

だから衛星インターネット企業はいま、低高度軌道衛星(LEO)などの一連の新技術を試す格好の場所として、アラスカに注目している。ワンウェブ(OneWeb)やスペースX、テレサット(Telesat)、レオサット(LeoSat)といった企業が膨大な数のLEOを使って、ブロードバンド・インターネット接続を提供しようと計画している。数千基の衛星が地球を周回し、およそ2000キロメートルの高度から地表にインターネット信号を送るのだ。衛星インターネット・サービスを提供する手段として現在使われている大型の静止衛星よりも距離はかなり近い。静止衛星はおよそ高度3万6000キロメートルのの赤道上空を周回している。

衛星インターネットを巡る動きは、アラスカの住人にとってはもちろん良いニュースだ。だが、辺鄙な場所ではあるかもしれないが、比較的裕福なアラスカ州へのネット接続に重点を移すという動きは、かつて多くの企業がLEOテクノロジーに関して約束した内容とは大きく異なっている。当初、これらの新型衛星を巡る説明は、ネット接続のない世界、すなわち「その他の30~40億人」をつなぐことに重点が置かれていた。高尚な動機に見えるが、そうした地域から利益を上げるのは難しいという厄介な現実がある、とマサチューセッツ工科大学(MIT)のマット・グレイドン研究助手は話す。「ある企業幹部は、1日1ドルしか稼ぎがない人々に(インターネット)アクセスを提供してもビジネスは成り立たない、 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
いまだけ【5,000円引き】クーポン配布中
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る