1. コネクティビティ
    衛星インターネット激戦区
    アラスカが注目される理由
    ソフトバンクが出資する「ワンウェブ」や、スペースXなど、低高度軌道衛星(LEO)を使ったインターネット接続の提供を計画する企業の動きが活発化している。各社が最初に狙うのが、アラスカだ。人口は少ないが裕福な州で、地政学的にも見逃せないアラスカであれば、それなりの収益が見込めるとの思惑がある。 Erin Winick3カ月前
  2. 知性を宿す機械
    AIの未来はハードにある——インテルとエヌビディア幹部が語る
    現在の人工知能(AI)の躍進においてハードウェアが果たした役割は非常に大きく、今後起こるであろうのAIのブレークスルーにも大きな影響を及ぼす。インテルとエヌビディアの幹部が語った。 Karen Hao8カ月前
  3. コネクティビティ
    量子インターネットとは何か?中国が牽引する新技術の基礎知識
    量子物理学の法則を使うことで、従来のネットワークに比べて格段にセキュアな特性を持つ量子ネットワークの開発が進められている。開発競争の先陣を切っているのは中国だが、米国や欧州も追撃を開始した。期待される「量子インターネット」の基盤となる量子ネットワークの仕組みについて説明する。 Martin Giles9カ月前
  4. 知性を宿す機械
    量子コンピューターとは何か?ニュースを読む前に押さえたい基礎知識
    超強力なスーパーコンピューターの処理能力をはるかに凌ぎ、産業界全体に変革をもたらす可能性があるとして、量子コンピューターの研究・開発に多額の資金が投入されている。日々報じられる関連ニュースを読み解くために押さえておきたい基礎知識を説明する。 Martin Giles9カ月前
  5. 知性を宿す機械
    中国と米国が、スーパーコンピューターの次のマイルストーンとなるエクサスケール・コンピューティングを実現しようと国の威信をかけた激しい競争を繰り広げている。エクサスケール・コンピューターの実現により、数多くの科学分野だけでなく、産業分野、軍事分野での大きな進歩が期待される。 Martin Giles16カ月前
  6. 知性を宿す機械
    米国が新たに発表した世界最速スパコン「サミット(Summit)」は、人工知能(AI)の処理を超高速に実行すべく、一から設計された初のスパコンだ。これまで世界最速だった中国のスパコンの性能を60%上回る。サミットで培った技術は、次世代のエクサスケール・コンピューティング実現の足掛かりにもなるだろう。 Martin Giles18カ月前
  7. コネクティビティ
    米議会、脆弱性を抱える投票機の更新を所管する組織を解体へ
    米国議会で、脆弱性を抱える投票機の更新等を所管する選挙支援委員会を解体する法案が委員会を通過した。2020年の大統領選挙で、ハッカーによる妨害等に対処できなくなる可能性がある。 Mike Orcutt3年前
  8. コネクティビティ
    MS対FBIの法廷闘争で注目のクラウド・サービスの捜査管轄
    「豊かな社会があって国家が強くなる」と考えれば、捜査機関の権限を一方的に強くすることは、自国企業の国際競争力を維持する上で得策でないことがわかる。 Mike Orcutt3年前
  9. コネクティビティ
    暗号化データの捜査利用と
    安全保障はどちらが大事か?
    暗号化データのアクセス権を捜査機関に認めれば、敵対国の諜報機関もデータを利用できる可能性があり、犯罪捜査のために安全保障を損ないかねない。 Mike Orcutt3年前
  10. コネクティビティ
    民主主義国にぜい弱性
    選挙制度にハッキング危機
    ハッカーから選挙制度を守るのは簡単ではないが、投票箱をインターネットに接続しないことから始めることが第一歩だ。 Mike Orcutt3年前
  11. ビジネス・インパクト
    デバイス普及に先行
    欧州でIoT専用ネット
    現状でIoTデバイスが監視しているのは、輸送コンテナと消火栓と牛だが、ヨーロッパでIoT用のネットワークが事業化されつつある。 Russ Juskalian3年前