コンピューティング

Software Dreams Up New Molecules in Quest for Wonder Drugs 深層学習で創薬 ハーバード大学などが成果発表

機械学習システムによる膨大な医薬品データの取り込みが、人類に新たな可能性を示してくれる。 by Tom Simonite2016.11.04

アスピリンとイブプロフェンを組み合わせたらどうなるか。ハーバード大学のアラン・アスプル=グジック教授(化学)にもその答えはわからない。しかしアスプル=グジック教授は、この疑問に答えられるようにソフトウェアを訓練した。ソフトウェアは、両方の薬品の属性を兼ね備えた分子構造を示し、答えてくれるかもしれない。

この人工知能は新薬の研究に役立つかもしれない。 薬学研究は候補分子で満たされた巨大なプールを隈なく探索するため、ソフトウェアに頼りがちだ。こうしたソフトウェアは化学者によって書かれたルールと有用な構造を推測するためのシミュレーションによって動いているが、人間の思考にもシミュレーションの正確性にも制約があり、コンピューターの処理能力には限界がある。

アスプル=グジック教授のシステムは人間とは全く違ったやり方で、長たらしいシミュレーション抜きに分子構造を構想できる。機械学習アルゴリズムと何万種もの「薬らしい」分子のデータによって蓄えられた自らの知識経験を活用するのだ。

アスプル=グジック教授は「このシステムは、まるで化学者のように、自らが学んだ化学知識を使ってより直感的に研究します。この種のソフトウェアを助手として活用すれば、人間はより優れた化学者になれるかもしれません」という。アスプル=グジック教授はMIT Technology Reviewが2010年に発表したヤング・イノベーター・リストに選出されている。

新システムは深層学習と呼ばれる機械学習の手法で構築された。深層学習はコンピューター業界の企業では普及しているが、自然科学分野では実例が少ない。深層学習では、膨大な量のデータを取り込んで、学習結果から妥当なデータを新規に生成できる「 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。