医学生物学

Stopping Breast Cancer with Help from AI 米国防総省、人工知能企業と協業で乳がんの分子標的治療薬を開発

米国国防総省は現在、機械学習を利用して腫瘍生物学の研究を進める取り組みを支援している。 by Emily Mullin2016.10.27

米国政府は、人工知能を活用して、乳がんの診断や治療の効果を上げられないか考えている。

既存の医薬品の効果がない、浸潤性乳がんの標的療法を特定するため、国防総省(軍医系大学であるユニフォームドサービス大学のプロジェクトとして)は今週、製薬会社ベルク・ヘルスと連携して創薬に人工知能(AI)を活用すると公表した。このパートナーシップは、ホワイトハウスの「がん撲滅ムーンショット」構想のひとつだ。取り組みは、25万人にも及ぶ患者のサンプルを観察し、がんの初期症状に関する新たな生物学的指標(バイオマーカー)を発見するのが目的だ。過去20年以上、乳がんによる死亡率は着実に低下している。それでも米国国立がん研究所によると、乳がんによる死亡率は米国女性が罹患するがんのうち2番目に高い。

パートナーシップに基づき、ベルクは国防総省の臨床がんケアプロジェクトのアクセス権を得ることになる。同プロジェクトでは、約8000人の患者から採取された1万3600個の健常組織と病変組織のサンプルが保存されている。

ベルクではまず、健常な人とさまざまな乳がんのサブタイプを持つ患者から集められたサンプルをシーケンシングする。こ …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。