ロボット工学

AI Machine Attempts to Understand Comic Books ... and Fails マンガが読めるのは人間だけ
人工知能にはまだ早かった

マンガを読んでストーリーを理解するのは、驚くほどに知的な作業なのだ。 by Emerging Technology from the arXiv2016.11.24

人工知能の能力が人間を凌駕した事例は、驚くべき速さで増えている。顔や物体の認識、チェス、囲碁からビデオゲームまで、多くの人間の仕事が、この戦いに破れて脱落した。

こうなると、どんな種類の仕事なら機械が苦手なのか、と聞きたくなるのが自然だ。まだ人間が実権を握っている領域は残っているのだろうか?

11月23日、メリーランド大学カレッジパーク校のモヒト・リヤー研究員のチームのおかげで、ある程度の答えが得られた。研究チームは人工知能がどれだけマンガを理解できるのか調査し、機械と人間では、人間の方がずっとマンガを理解する能力が高いと判明したのだ。ガッツポーズせざるを得ない研究成果だ。

マンガは、高度に様式化された、写真とはまったく別の、手描きの絵によるコマの連続で物語を構成することが多い。また、それぞれのコマには思考やセリフ、ナレーションなど、吹き出し形式のテキストによる注釈がついている。

テキストと絵は強く結び付いてストーリーを作り出す。絵やテキストのどちらかだけではストーリーを追えなくなるほど密接だ。それでも、コマからコマへ移るときは、読み手にはかなりの推測と補完が求められる。ストーリーの細部を、読み手が埋める必要があるのだ。

「マンガを本当に面白くしているのは、クリエイターがページの背後に隠しているもの(枠内の空間では語られない会話、描かれないアクション)です」と研究チームはいう。つまり、マンガとは、読み手の想像力によってス …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。