KADOKAWA Technology Review
×
3Dプリントで打ち上げ革命
ロケット・ラボCEOに聞く
Brady Kenniston
ビジネス・インパクト 無料会員限定
Rocket Lab: The small firm that launched the 3D-printed space revolution

3Dプリントで打ち上げ革命
ロケット・ラボCEOに聞く

数多ある宇宙ベンチャーの中でも、小型人工衛星の打ち上げを手がけるロケット・ラボはユニークな存在だ。3Dプリントを活用したロケットの製造を手がけるピーター・ベックCEOに話を聞いた。 by Erin Winick2019.06.24

3Dプリントは、いつの間にかロケット産業に浸透している。2014年にはスペースX(SpaceX)が主酸化剤弁の本体部分を初めて3Dプリントで製作。ブルー・オリジン(Blue Origin)も3Dプリントで製作した部品を強力なBE-4エンジンに組み込んでいる。

だが、3Dプリンターで製作された部品を使った飛行経験がもっとも豊富な組織といえば、ニュージーランドと米国を拠点とするロケット・ラボ(Rocket Lab)だろう。2006年にエンジニアのピーター・ベックが立ち上げたロケット・ラボは、「エレクトロン・ロケット(Electron rocket)」によって、いまや小型人工衛星の打ち上げをリードする存在となっている。ロケット・ラボは現在までに6機のロケット打ち上げに成功しており、各ロケットには主に金属を用いた3Dプリントで製作したラザフォード・エンジン(Rutherford engines)が9基と、その他数多くの要素が搭載されている。

従来の除去加工法では、素材の塊を削って製品を作り出す。「積層製造」とも呼ばれる3Dプリントでは、レイヤー(層)を積み上げて形状を作っていく。これによって、他の方法では実現不可能な複雑な内部構造を持つ軽量な物体の製作が可能になる。

ロケット・ラボのCEO(最高経営責任者)兼CTO(最高技術責任者)のベックに、ロケット・ラボが3Dプリントに大規模な投資をする選択をした理由、3Dプリントが現在のロケット産業でどのように利用されているのかについて話を聞いた。

——エンジン製作に3Dプリントを使い始めて以来、ロケット産業における3Dプリントの進化をどのように見てきましたか?

私たちが金属の3Dプリントを始めた頃、他に同じことをやっている企業はほとんどありませんでした。私たちが4年前にナショナル・スペース・シンポジウム(National Space Symposium)でラザフォード・エンジンを初めて発表したとき、誰もが「こんなものは言語道断だ」と言っていたのを覚えています。いまでは、少な …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る