KADOKAWA Technology Review
×
トランプ大統領も口撃、FBの暗号通貨に世界各国から批判殺到
AP
コネクティビティ 無料会員限定
Even Donald Trump is dumping on Facebook’s digital currency dreams

トランプ大統領も口撃、FBの暗号通貨に世界各国から批判殺到

フェイスブックが6月に発表した暗号通貨「リブラ」に対し、国内外の政治家や金融関係者がこぞって強く批判し、警戒を強めている。 by Mike Orcutt2019.07.16

デジタル通貨の計画を発表すれば、数多くの攻撃に対する反論をこなさなければならない。フェイスブックのブロックチェーン事業を率いるデビッド・マーカスはそう知っていたかもしれない。それでも、いきなりトランプ大統領のツイッターの標的にされてしまう覚悟まではなかったに違いない。

フェイスブックのブロックチェーン・ネットワークの暗号通貨であるリブラ(Libra)は、「高い評価も信頼もほとんど得られないでしょう」。トランプ大統領は7月12日にこうツイートした 。さらに、「ビットコインも他の暗号通貨も好きではありません。これは通貨ではない。非常に不安定で、根拠とするものもありません」とも付け加えている。

https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1149472282584072192

こう指摘するのはトランプ大統領だけではない。6月18日にフェイスブックが新たな暗号通貨としてリブラを初めて発表して以来、マーカスは世界中のさまざまな国からの容赦ない批判や詮索への対処を迫られてきた。

インドのサブハッシュ・ガルグ財務省経済局次官は、7月8日付けのブルームバーグで、「フェイスブックの通貨は計画について説明が十分になされていない」と述べた。 なんにせよインドは、私的な暗号通貨というアイデアは受け入れられないとしている。

中国も同様だ。中国 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る