KADOKAWA Technology Review
×
「宇宙ビジネスの時代」を先取りするテクノロジー・カンファレンス 
お得な「早割」販売中。
「巨大シャボン玉」作りには何が必要か? 現代科学の謎に迫る
ビジネス・インパクト Insider Online限定
The chemistry behind how you make a record-breaking giant soap bubble

「巨大シャボン玉」作りには何が必要か? 現代科学の謎に迫る

ギネス記録に載るような巨大なシャボン玉作りの妙技には、現代の科学をもってしても謎が多い。米アトランタのエモリー大学の研究者たちは、どうすれば巨大なシャボン玉を作れるのかを解明するため、薄いシャボン膜の化学的性質について調べた。 by Emerging Technology from the arXiv2019.09.05

2015年7月20日、世界記録樹立を目指してゲイリー・パールマンと少数の愛好家のグループが米オハイオ州クリーブランドの公園に集まった。目標は史上最大の空中に浮かぶシャボン玉の作成だ。

パールマンが使用したのは糸を結び付けた2本の釣竿だ。水、石鹸、ポリマー添加剤を混ぜた特殊なシャボン玉液にその糸を浸して持ち上げると、シャボン玉液をすくい上げた糸に薄いシャボン膜が張った。パールマンが2本の釣竿を揺り動かすと、空気の動きでシャボン膜が伸びて広がり、巨大なシャボン玉が形成された。

それと同時に、第三者の観測員がシャボン玉の体積を計算するため、さまざまな角度からシャボン玉を写真撮影した。その結果、シャボン玉の大きさは96.27立方メートルと計測された。その日、パールマンの挑戦はギネス記録を更新した。

この巨大シャボン玉のギネス記録更新は、科学的業績としては残念ながら過小評価されている。それでも、米アトランタのエモリー大学のスティーブン・フレイジャーの研究チームにとっては、一連の難題を突きつける興味深いものだった。

シャボン玉は、厚さわずか数マイクロメートルの壊れやすい薄膜でできているが、パールマンが作り上げた史上最大の巨大シャボン玉の表面積は100平方メートル以上あったに違いないとフレイジャーたちは指摘する。わずか1つの穴でもシャボン玉は破裂する。「どうすればこれほど巨大な膜を作成し、安定性を維持できるのでしょうか?」とフレイジャーたちは問う。

石鹸膜の特性と、さまざまな種類のポリマーを添加したときの石鹸膜の特性の変化について研究してきたフレイジャーたちの研究チームは最近、その問いに対する答えを導き出した。そして、その結果得られた、シャボン玉形成の科学と世界記録樹立に最も有利な大気条件に関する独自の洞察を発表した。

シャボン玉作りについて少し説明しよう。シャボン玉愛好家は長い間、シャボン玉作りに最適なシャボン玉液の混ぜ合わせ方について議論してきた。「巨大シャボン玉作りに関心がある人は、『シャボン玉ウィキ(Soap Bubble Wiki)』を参考にしてください。最適なシャボン玉液の作成に役立つ豊富な経験に基づいた情報とレシピが見つかります」。

シャボン玉愛好家の間では、最高のシャボン玉液の組み合わせは水、食器用洗剤(「ドーン・プロ(Dawn Pro)」の人気が高いよう …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
宇宙ビジネスの時代

かつて国家主導だった宇宙開発がいま、大きく変化している。テクノロジーの進化とリスクマネーの流入によって民間企業による宇宙開発が加速し、自社の事業拡大に宇宙を活用しようとする「非宇宙」企業やベンチャー企業の動きも活発だ。いまなぜ「宇宙」なのか? そのヒントとなる記事を集めた。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る