KADOKAWA Technology Review
×
CRISPRの欠点克服へ
ハーバード大学が新手法
「プライム編集」を発表
Ms Tech
生命の再定義 無料会員限定
The newest gene editor radically improves on CRISPR

CRISPRの欠点克服へ
ハーバード大学が新手法
「プライム編集」を発表

従来の「CRISPR(クリスパー)」よりも正確な遺伝子編集を可能とする「プライム編集」は、あらゆる遺伝性疾患の原因となるエラーを修復できるという。 by Antonio Regalado2019.10.25

遺伝子編集ツールのクリスパー(CRISPR)は高く評価されているが、実際にはCRISPRはゲノムにとって過酷なツールでもある。CRISPRは、DNA二重らせんを切断するハサミであり、「編集」と呼ばれるものは、実際には細胞による迅速な修復の試みである。修復の試みではエラーが誘引される。この予測不可能な変更を、一種の「ゲノム破壊行為」とさえ呼ぶ批評家もいる。

そのため、研究者はCRISPRの名声にたがわない、真の意味での遺伝子の検索・置換機能を実現する方法を模索してきた。ハーバード大学の生物学者であるデイヴィッド・リウ教授の言葉を借りれば、ゲノム・エンジニアの究極の願いは、「どんな生体細胞または有機体のゲノムでも、実質的に、標的とするあらゆる遺伝子改変を実行できる能力」だ。

リウ教授は10月21日、CRISPRテクノロジーの最新の(そしておそらく最も重要な)改良として、「プライム編集」のアイデアを発表した。同教授の説明では、プライム編集はCRISPRのように実際にDNA鎖を切断することなく、あらゆるタイプの遺伝的エラーを書き換えられる分子ツールである。

リウ教授と他10人の研究者が10月21日にネイチャー(Nature)誌に発表したレポートによると、この新しいテクノロジーは人工タンパク質を使用して、DNA塩基配列の1文字を他の文字に変換したり、より長い文字列を追加または削除したりできる。リウ教授は実際、遺伝性疾患を引き起こす既知の7万5000種の突然変異をすべて修復できると主張している。

第1世代のCRISPRは、ほとんどの場合、遺伝子を無効化するために利用される。DNAを削除することが必要とされる疾患の一部の研究に役立ち、治療にも役立つ可能性がある。より広範な遺伝子置換も可能だが、制御が難しい。

第1世代のCRISPRよりも幅広い編集メニューをより精巧に実現する新しいCRISPRテクノロジーである「プライム編集」には、すでに莫大な金額に値する価値がある。ニューパス(Newpath)やグーグルのベンチャー部門であるFプライム(F-Prime)・キャピタル・パートナーズなどで構成される企業投資家連合は、今回の論文が発表される前からプライム・メディスン(Prime Medicine)という名前の会社を設立し、リウ教授の研究室があるブロード研究所から諸権利を購入済みだ。

プライム・メディスンは設立されたばかりで、オフィスもなければ、従業員もいない。したがっ …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5Cities Issue

新型コロナのパンデミックによって激変した都市生活は、ポストコロナでどう変わるのか? 都市部への人口集中が世界で加速する中、環境、災害、貧困といった負の側面をテクノロジーは解決できるのか? 多様な人々が集まり、化学反応が起きるイノベーションの集積地としての役割を都市は今後も果たし続けるのか? 世界の豊富な事例と識者への取材を通して、新しい都市の未来像を描く。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る